日本エイサーは、スタンダードノートパソコン「Aspire(アスパイア)」シリーズより、Aspire 5の新モデル「A514-55-N76Y」「A514-55-N78Y」「A514-55-N58Y」の3機種を、Amazon、Acer Direct 楽天市場店・Yahoo!ショッピング店、Acer公式オンラインストアなどの各ECサイトにて、9月9日に発売します。

 

今回発売となる3機種はいずれも、14インチ、解像度フルHD(1980×1080)のディスプレイを搭載。斜めの角度から見ても鮮明に画面を見ることができる、高視野角の非光沢IPSパネルを採用しています。CPUは、A514-55-N76YとA514-55-N78Yが第12世代インテル Core i7プロセッサー、A514-55-N58Yが第12世代インテル Core i5プロセッサーを搭載。メモリーは、A514-55-N76Yが16GB、A514-55-N78YとA514-55-N58Yが8GB、ストレージは3機種すべて、高速処理を可能にするPCIe接続 512GB SSDを搭載しています。

 

ボディは落ち着いた色合いのスチールグレイカラーで、筐体の重量は約1490g。カバー上部には、シルバーカラーのAcerロゴをあしらっています。ディスプレイを囲むベゼルを狭く設計しており、スクリーン対ボディ比は81.18%。

 

独自の冷却システムとして、複数の冷却モードをサポートするデュアルファンとデュアル銅製サーマルパイプを搭載。冷却モードは、Fn+Fのショートカットキーからサイレント、ノーマル、パフォーマンスの3つに切り替えることができます。人間工学に基づいて、PCの画面を開くと快適にキー入力ができる角度にキーボード面が傾斜するヒンジを採用。タイピングがしやすいだけではなく、底面に隙間ができることで放熱効率も向上しています。

 

Acer TNR(テンポラルノイズリダクション)テクノロジーにより、暗い場所でも画質を調整し、くっきりと映し出すことが可能。AI技術によるノイズリダクションを実現したAcer PurifiedVoice 機能により、周囲の雑音を抑制し、これまで以上にクリアで快適なビデオ会議などを行うことができます。インターフェースは、USB 3.2 Type-Aポート×3、Thunderbolt 4対応で映像出力にも対応したUSB 3.2 Type-CポートやHDMIポート、有線LANポートを備えています。ディスプレイは長時間利用しても目が疲れにくいブルーライト軽減機能 Acer BluelightShieldを搭載。

 

実売価格(税込)は、A514-55-N76Yが14万9800円、A514-55-N78Yが13万9800円、A514-55-N58Yが11万9800円です。