どんぶりメニューといえば、牛丼や親子丼など肉系のメニューを思い浮かべがち。とはいえ海の幸をたっぷり乗せた海鮮系どんぶりメニューも見逃せないですよね。専門店では少々値が張ってしまいますが、コンビニ商品なら比較的リーズナブル。そこで今回は、9月6日からファミリーマートで販売が始まった「漬けまぐろ鉄火丼」(598円/税込)をセレクトしてみました。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ローソンが“新感覚スイーツドリンク”をアレンジ! 「Uchi Café×猿田彦珈琲 キャラメルジェラッテ」は異なる食感に注目

 

●「漬けまぐろ鉄火丼」(ファミリーマート)

そもそもなぜ“まぐろを漬ける”のかみなさんはご存知でしょうか。まぐろの切り身を醤油にちょんちょんとつけていただくのとは訳が違い、時間をかけてしっかり醤油に漬けるのが漬けまぐろの特徴。じつは今ほど保冷技術が発達していなかった時代に、鮮度を長持ちさせようとまぐろを醤油に漬けたことが始まりとされています。

 

「漬けまぐろ鉄火丼」に使用されているのは、漬けまぐろの切り落としと醤油タレで味つけしたまぐろのたたき。さらに半熟たまごも入っていて、まぐろの赤身と半熟の白味が鮮やかな色合いを放ちます。さっそく切り落としからいただくと、通常のまぐろ切り身からは得られない濃厚な旨味が拡散。漬けまぐろ特有のなめらかな舌ざわりもたまりません。

 

続いてまぐろのたたきを口に運んだところ、漬けまぐろとも異なるまぐろと醤油のコクがじわりと広がることに。まろやかな口あたりが心地よく、まぶされたゴマを一緒に噛むと生まれる芳醇な風味も印象的です。

 

まぐろの旨味を確かめつつ、さらに半熟たまごを割っていただくのがポイント。トロっとした黄身がまぐろやその下の酢飯にまで広がり、それぞれの素材に濃厚なコクをつけ足してくれます。また酢飯のさっぱりした味わいもまぐろや半熟たまごの風味とバランスが取れていて、最後まで海鮮どんぶりの魅力を楽しませてくれました。

 

ネット上には「まぐろ大好きだからたっぷり楽しめて最高」「口に入れた瞬間広がっていく漬けまぐろの濃厚な味わいがクセになる」「半熟たまごをたっぷり絡めるとまぐろのコクがアップしてさらにおいしい」といった声が寄せられている同商品。まぐろ尽くしのどんぶりを手軽にササっと堪能したい人は、ぜひ店頭で「漬けまぐろ鉄火丼」を手に取ってみてくださいね。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
軽くあぶったスイートポテトがこうばしい… ファミマに「紅はるかのスイートポテトタルト」が再降臨!