各コンビニの店頭に並ぶ多種多様なカップ麺。どれを手に取るかの判断基準の1つとして、有名店とのコラボ商品がありますよね。そこで今回は、セブン-イレブンで発見した「一度は食べたい名店の味PREMIUM 狼煙 特濃豚骨魚介醤油ラーメン」(302円/税込)をセレクト。いったいどのような味わいを楽しませてくれるのでしょうか。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
押し寄せる漬けまぐろの旨味… ファミマの「漬けまぐろ鉄火丼」で楽しむ海鮮どんぶりの魅力

 

●「一度は食べたい名店の味PREMIUM 狼煙 特濃豚骨魚介醤油ラーメン」

商品名にもなっている「一度は食べたい名店の味」は、首都圏を中心とした人気店の味わいを再現したエースコックのヒットシリーズ。これまでにも「ぜんや 行列必至の塩ラーメン」や「ど・みそ 特みそこってりらーめん」といったコラボカップ麺が販売されています。今回の商品では、埼玉を代表する豚骨魚介醤油の名店「狼煙」の味わいを“PREMIUM品質”で再現。内容量98gのほどよいボリューム感のカップ麺として誕生しました。

 

パッケージの中には、かやくの他に後入れの粉末スープと液体スープの小袋が。熱湯調理後にそれぞれのスープを入れてかき混ぜると、さっそく魚介系のこうばしい香りが漂ってきます。その段階で豚骨の存在感は影をひそめていたものの、スープを一口いただいたところポークのまろやかな味わいが爆発。かつおや煮干しなど魚介特有の香りと絶妙に絡み合い、濃厚な旨味と芳醇な香りを生み出している印象です。

 

使用されている太めのノンフライ麺は、口の中で感じるモチモチした歯ごたえがGOOD。とろみのついたスープをまとうことで、もともとなめらかな舌ざわりの麺が一層心地よい食感を堪能させてくれます。

 

スープと麺の魅力に触れたら、次はトッピングに注目。豚肉・メンマ・ねぎが加えられていて、ほどよく味つけされた豚肉からはスープと一味違うコクが。サイズは小さくても、嚙んだ瞬間にはっきり存在感が伝わってくるほどです。またメンマとねぎはそれぞれの食感がアクセントになっていて、スープに絡む野菜特有の香りも見逃せません。

 

購入者から「豚骨と魚介のマッチぶりがすごい」「後を引くスープの香りがイイ!」と絶賛されている同商品。ぜひあなたも最後の1滴まで特濃スープを味わってみてくださいね。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
ローソンが“新感覚スイーツドリンク”をアレンジ! 「Uchi Café×猿田彦珈琲 キャラメルジェラッテ」は異なる食感に注目