米Amazonは、現地時間9月28日にハードウェアイベントを開催することを発表しました。

↑その後Astroはどうなった?(画像提供/Amazon)

 

Amazonは、2021年の同時期に開催したイベントで、自社開発の自律走行ロボット「Astro」を発表。自宅を走り回り、スピーカーやディスプレイにて音声アシスタント「Alexa」による機能を提供するという、興味深いロボットでした。

 

今回のイベントの詳細についてAmazonは、「私たちの最新のAmazonデバイス、機能、サービスについて共有します」とだけ述べており、具体的な発表内容は述べていません。

 

2021年のイベントでは、Astroだけでなくスマートディスプレイの「Echo Show 15」や、子ども向けのビデオ会議デバイス「Glow」なども発表。また、フィットネスバンド「Halo View」や「Ring Alarm Pro」など、既存製品のアップデートも話題となりました。

 

2022年のイベントでも、アップデートされたスマートスピーカーやディスプレイ、スマートホームデバイス、そしてサプライズとしての新機構デバイスやロボットなど、さまざまな新製品が登場することを期待したいものです。

 

Source:  Engadget