約120年も世界のキャンプシーンをリードするブランド「コールマン」。広範にわたるラインナップで、何から揃えようか迷ってしまう……という人は、ブランドの歴史に燦然と輝く傑作の数々をまずはチェックしよう!

 

01 WALKER

“シンプル=最強”を体現した
シリーズを代表するロングセラー

ウォーカー33
7990円

街でもアウトドアでも、違和感なく活躍するバックパックを探しているなら、選択肢の上位に加えたいのがウォーカー33。キャンプギアをたっぷり詰め込める33ℓという大容量で、ポケットもたっぷりと使いやすさを追求。シンプルなデザインはジャケットスタイルにもマッチする。

↑背面パネルはメッシュ生地で通気性抜群。ショルダーベルトのパッドは厚めでチェストストラップもあり、重い荷物の荷重を分散してくれる

 

↑PCスリーブを備えたメインコンパートメントと、小分け収納ポケット付きのサブコンパートメントを用意。鍵を付けられるキーフックも便利だ

 

↑側面両側のメッシュポケットは500㎖ペットボトルや折り畳み傘を収納できる。ストラップベルトで固定でき、多少の揺れでは落ちない

シーンを選ばず活躍するコールマンの隠れた逸品

コールマンの製品といえば本格派のキャンプギアがまずイメージされるが、バックパックをはじめ、ショルダーバッグや小型ポーチなど、バッグのラインナップも多彩。シーンを問わず使える機能性とデザインで、性別を問わず幅広い世代から人気を集めている。
特に、2004年に誕生した「ウォーカー」シリーズは、アウトドアレジャーを楽しむのに必要な機能は何かを考え抜き、収納力をスポイルすることなく、あらゆるシーンに応じて選べるデザインを採用している。例えば、ウィークデイはスーツに合わせて通勤し、ウィークエンドには中身をPCから水筒やストーブに入れ替えてアウトドアフィールドへ。ウォーカーシリーズのバッグなら、そんな使い方ができる。キーワードは「ボーダーレス」。常識にとらわれず、ウォーカーシリーズの持つ機能性を信じれば使用シーンは無限大だ。

 

【ラインナップ多彩! WALKERの歩き方】

ビジネスにもカジュアルにも!
2Wayで使えて合わせやすい

ウォーカー25
6980円

タウンユースが中心なら、容量25ℓの本品が使いやすい。クラシックなティアドロップ型で多様なファッションに合わせやすく、約570gと軽量。底面はキャンバス地で補強し、ショルダーベルトもパッド入りなど、細部まで抜かりのないつくりはさすがだ。

収納力の高いスクエアボディは
一度使うと手放せない!

ウォーカー
スクエアバックパック
7990円

「収納」という機能を追求すれば、デッドスペースが生まれにくいスクエア型に行き着くのは道理。上面がガバッと開くトップローディングスタイルで縦に並べたファイルを探しやすく、大きな荷物も出し入れしやすい。カラバリは6色。

機能性とデザイン性を兼備!
これぞシン・ウエストバッグ

ウォーカーウエスト5
3980円

安定感のあるストラップが身体にフィットし、多少の動きであれば荷物を落とす心配なし。容量は約5ℓで内部にはメッシュポケットやキーフックを備えるほか、背面にもサブポケットを設けるなど、使い勝手にもとことんこだわる。

 

コールマン「SUNNY FAIR」開催!
対象のバックパック購入(先着順)で
“天気のお守り”ミニサンシャインキャッチャーをプレゼント!

対象商品

ウォーカー33

ウォーカー25

 

9月30日よりスタート! 先着で7色の中から1色プレゼント!
コールマンのオリジナルてるてる坊主・ミニサンシャインキャッチャー

※コールマンのオリジナルてるてる坊主・ミニサンシャインキャッチャーは数がなくなり次第終了

さらに、5000円以上のコールマンバックパックを購入した人の中から抽選で50名にミニサンシャインキャッチャー7色セットが当たる!

対象期間:2022年9月30日〜10月31日

応募&詳細はこちら https://www.coleman.co.jp/news/sunny-fair/

 

02 ONE MANTLE LANTERN

世界中のランタンのマイルストーン
100年以上愛される傑作中の傑作

ワンマントルランタン
1万7800円

超定番のワンマントルランタンに今年、待望のコールマンレッドが追加された。ポンプキャップ、火力コントロールノブ、デカールのデザインや素材を変更することで、よりクラシックなオリジナルデザインを再現。

↑ランタンボディと同色の専用ケース付き。ハードタイプなのでキャンプ場への移動中などにガラスのグローブが割れてしまう心配が軽減される

 

↑“WICHITA KANSAS U.S.A”の刻印は、いまもブランドの創業地、カンザス州ウィチタで製造していることを示す。左右下の数字は製造年月

 

↑ポンプノブ中央の穴を親指でふさぎ、ポンピングすることで燃料タンク内の圧力を高める。点火前に100回ほどポンピングするが、慣れると楽しい

“本物”だけが放つ輝きが多くのキャンパーを魅了

コールマンのギアの歴史を語るうえで、絶対に欠かせない名品がいくつかある。シンプルな構造と、世代を超えて使用できる堅牢性、所有欲を高めるデザインなど、あらゆる面でキャンパーの魂を揺さぶるまさに傑作。「286A」の型番で呼ばれることが多い、ワンマントルランタンはそのひとつだ。

基本的な構造は1914年の発売当初から変わらない。ガソリンをタンクから送り出すためのポンピングも、気化を促進させるためのプレヒートも、正直言えば多少面倒ではある。LEDなら簡単というものだが、そこに“趣”や“侘び寂び”を感じることはない。満天の星の下でテーブルを柔らかく照らす光源は、やはりガソリンランタンが良い。静かに響く燃焼音がなくてはキャンプに来た気がしない。こういった声は、おそらくなくならないだろう。つまり、286Aは不滅なのである。

 

03 OUTDOOR WAGON

100kgの荷物を運べる
タフで頼もしいキャンプの相棒

アウトドアワゴン メッシュ
1万6800円

累計販売台数80万台以上というアウトドアワゴンのメッシュタイプ。素材のタフさはそのままに、取り外して洗えるメンテナンス性の高さを兼ね備えたアウトドアに適したモデルとなっている。濡れてもすぐに乾くので、ビーチや河原など水辺での使用が多い人にオススメ。

↑定番のアウトドアワゴン(1万5800円)。別売りでテーブルとレインカバーを用意する。簡単に折り畳め、防災用品として備えている人も多い

 

↑砂利道やぬかるんだ道でもグイグイ進む大径タイヤが頼もしい。すり減ったらタイヤだけ交換可能。メンテナンスしながら長く使用できる
↑収納時のサイズはW23×H78×D41㎝とコンパクト。全体が蛇腹のような構造で、底板を外し床面に付いているリングを引っ張るだけで折り畳める。底板はカバーポケットに収納

大量の荷物をラクにカッコよく運ぶならコレ

古き良きアメリカの家庭の風景を描くとき、しばしば登場する小物がラジオフライヤーだ。タイヤ付きワゴンに子どもを乗せ、父親がハンドルを引いているアレだ。赤いボディで子育て世代から支持が厚いコールマンのワゴンは、どこか、ラジオフライヤーを思わせる。

クルマから目的地までキャンプギアを運ばなければならないシーンで、何度も両手に荷物を抱えて往復するのは面倒。そこで2015年に生まれたのが、重量10㎏で耐荷重が100㎏もある同モデルだ。大径タイヤは悪路をものともせず、坂道での使用を想定してストッパーも付け、別売りのカスタムパーツを使えばテーブルにも早変わり。キャンプシーンを熟知したコールマンならではの工夫を随所に施し、単なる荷車以上の価値を創造した。キャンプのほか日常の様々なシーンで活用できるので一家に1台置いておきたい。

 

04 INFINITY CHAIR

“史上最高の座り心地”にも納得!
リラックスを追求した新作チェア

インフィニティチェア
1万1800円

2018年の発売以来、販売数は右肩上がり。キャンプ場で体感したあまりの座り心地の良さからリビングなど自宅で使用する人も増えている。アームレスト部分にあるレバーを調節するだけで、フルリクライニング以外にも好みで様々な角度に変えて使用可能。

↑フルリクライニング時の状態。耐荷重は約100㎏で、身長180㎝の人でも足がはみ出さずに横になれる。オリーブ、ブラック、カモ柄も用意
↑適度に弾力があるメッシュ素材の枕は頭から腰の位置までスライドさせられる。腰部分に枕を当てて寝転ぶと、ストレッチされて気持ちいい
↑サイドに持ち手が付いており、かなり薄く折り畳めるが重量約8.8㎏なのでワゴンで運ぶのがベスト。開くだけなので3秒ほどで設営できる

一度寝たら起き上がれない“人をダメにする”椅子!?

椅子は、キャンプギアメーカーが威信をかけて開発に力を入れるアイテムだ。なにしろ、キャンプに行って一番長い時間を過ごすのは椅子の上。背もたれや座面の高さ、張地のテンションの強弱など突き詰めるべきポイントはいくつもあり、万人を100%満足させる解を導き出すのは至難の業だ。
その難問に対するコールマンのひとつの答えがインフィニティチェアであり、目指したのは「コールマン史上最高の座り心地」。その理想は、リクライニングを最大の状態にすると現実のものとなる。ほぼフルフラットだが、頭と脚は腹部より少し高い位置に保持される。しっとりとした肌触りのポリエステル素材と相まって、ふわふわと浮いているような座り心地。通気性もよく、昼寝したら起き上がれなくなりそうなほど気持ちが良い。これは、キャンプ界の殿堂入り決定といえる快作だ。

 

05 COOL SPIDER PRO

炭で食材を焼くことに特化して
ディテールをブラッシュアップ

クールスパイダープロ/L
1万4900円

「バーベキューグリルといえばコールマン!」という人は多い。同モデルはステンレス製で頑丈かつメッシュボディなので通気性がいい。炭の継ぎ足しがしやすい引き出し式ロストルを採用するなどツボを押さえたスペックで、キャンプ上級者にも愛されている。

↑手元のハンドル操作で焼き網の高さを3〜10㎝の間で4段階に調整可能。簡単に火力を変えられるので、食材へのベストな火入れ加減を探れる
↑鉄板と焼き網を標準装備。同時に使えるので、例えば焼きそばと焼き鳥の同時調理も可能だ。オプションのキャリーケース(4580円)にすべて収まる

 

06 FIRE DISK

焚き火本来の楽しさを味わえる
芸術性さえ感じるオーバルデザイン

ファイアーディスク
7990円

ムダを削ぎ落とし、機能を追求していくと道具は美しくなることの好例。2016年に登場すると市場を賑わせていた焚き火台の決定版と評価され、2017年にはグッドデザイン賞を受賞。球体下部をスパッと切っただけの形状は空気を多く取り込めて、焚き火を360度どこからでも眺められるなどメリットばかり。

↑付属の焼き網は端が空くように設計され、調理したまま炭をくべられる。別売りのスタンドを使用すればダッチオーブンでの調理も可能だ
↑畳まれている3本の脚を起こすだけなので、すぐに設営が完了する。脚を畳んだ状態で厚みは8.5㎝とコンパクト。自宅での収納時も助かる