“霊長類最強女子”の異名をもつほどの実績で、国民栄誉賞も受賞した元レスリング選手の吉田沙保里さんが、自身のツイッターを更新。「久しぶりのダンス腹筋」と題して投稿した動画が話題となっている。

 

現役選手と混ざって、「ダンス腹筋」(「横エビ」とも呼ばれる柔道のトレーニング法)を行っているが、そのスピードがハンパない。見た目には、まるで「クレヨンしんちゃん」の“ケツ歩き”のようで笑えるが、実は腹筋の強さはもちろん、体幹も強くなければうまく進めない。

 

この投稿は瞬く間に閲覧が400万回を超え、多くのコメントも寄せられているが、かつてのライバルで、現在ダルビッシュ有の奥さんである聖子さんからは「沙保里、それはもう妖怪の域だよ。いい意味で」、元マラソンランナーの有森裕子さんは「凄い!!」と、アスリートからも絶賛のコメントが届いている。

 

吉田沙保里さんといえば、女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、“霊長類最強女子”の異名を持つが、2019年に自身のツイッターで引退を発表。

 

それから3年、現在はタレントや解説者として活躍しているが、最近、現役さながらの動画をツイッターに投稿し話題となっていた。

 

今年8月には「逆倒立歩行 久々に挑戦したけど意外とできた…」と、倒立をしながら逆方向に進む動画を投稿。

 

現在も高い身体能力を維持する彼女が、次はどのような驚愕の動画を投稿してくれるのか楽しみだ。