事務用品から日用品まで、幅広い商品を販売しているモノタロウ。工具の品揃えも充実しており、「パワーウィンチ」もモノタロウで購入することができるアイテムです。トラックの荷締めやフェンス張りなど、さまざまな使い道ができる同商品。使い勝手を詳しくレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
【モノタロウ】太い線材も両手でバチン! 鉄材をカットしたい時に便利な「ボルトクリッパー」

 

●荷物の運搬からぬかるみにはまった車の救出まで幅広く使える「パワーウィンチ」(モノタロウ)

DIYや車の整備などをしていて困るのが、人の力では如何ともしがたい重量物……。ウィンチを使うと作業が楽になると聞いて、自分も使ってみたいと興味がありました。そこで手に入れたのがモノタロウの「パワーウィンチ」(5269円/税込)です。

 

今回購入したのは2t用のウィンチ。手にするとずっしりとした重量感があり、両側に着いているフックも頑丈な作りで頼もしさを感じますね。フックからフックまでの長さは約60㎝で、横幅は約8.5㎝。初めて見た時はレバーがあるので場所を取るように感じますが、横幅はないのでレバーを倒して収納すればコンパクトに保管できます。

 

ワイヤーをシングルで使うと1t、ダブルで使うと2tと使い分けることができます。ワイヤーの長さはシングルで使うと約3.5m、ダブルで使うと約1.5mでした。

 

ワイヤーを伸ばしてから使う商品なので、ワイヤーを伸ばすためにまずはドライブポールをギアから外します。ギザギザになっているギアにドライブポールが噛んでいて、黄色いスプリングを押すことでドライブポールを外せました。

 

次に歯止めを押し上げてワイヤーを引き出します。説明だけ読むと簡単にできそうだと思ったのですが、実際にやってみると少しクセが……。何回か練習しているうちに、だんだんコツが分かってきた気がします。うまく歯止めを解除できるようになると、するするワイヤーを引き出せるようになりました。慣れるまでは慎重に操作したほうがいいですね。

 

 

使用するときは、2つあるフックのうち伸びない方のフックを固定。ワイヤー側のフックを対象物に掛けます。後はハンドルの開閉操作をおこなうだけで、ギアが作動してワイヤーが引っ張られてきました。ハンドル操作はシンプルで、初めてでも簡単にできますよ。

 

商品の利用者からは「簡単に使えるので重宝してる」「使い勝手も機能も申し分ないです」「ウィンチを使うようになって作業効率が劇的に上がった」と好評を博していました。荷物の運搬やぬかるみにはまった車の救出にも使える「パワーウィンチ」。人の力を超えるパワーを手に入れられますよ。

 

【関連記事】
【モノタロウ】屋外作業時の必須アイテム「脚絆」! お手頃価格で足首を危険からしっかりガード