工具から事務用品に至るまで、1900万点以上のアイテムを取り扱うモノタロウ。同社で販売されている「ボルトクリッパー」は、金属の線材や開けられなくなってしまった南京錠の切断に活躍する商品です。金属切断用の工具としては誰でも使いやすいという利点があり、自宅に1つ常備しておくといざという時に便利。どのように使用するのか、じっくりチェックしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
【モノタロウ】屋外作業時の必須アイテム「脚絆」! お手頃価格で足首を危険からしっかりガード

 

●刃の隙間調整もできる「ボルトクリッパー」(モノタロウ)

突然ですが、みなさんは金属を切断する際にどのような工具を使用しますか? たとえば番線など太さのある線材のカットには、ニッパーやペンチより頑丈な工具が必要。通常の工作では出番のないようなアイテムでも、非常時用に備えておけばいつか役に立ってくれるはずです。そこで今回は、モノタロウの「ボルトクリッパー」(2409円/税込)という商品に注目。使い心地を確かめるべく、さっそく購入してみました。

 

取り寄せたのは全長370mmで切断能力が5mmに対応したクリッパー。質量940gのアイテムということもあり、ズシリとした重みを感じます。ちなみに切断能力5mm対応のもの以外にも4、6、8、10mmタイプが用意されているため、用途に合わせたサイズを事前にチェックしておきましょう。

 

全長370mmの迫力もさることながら、赤色と黒色のツートンカラーがよく目立つ同商品。細部に注目すると、刃のすぐそばとグリップから伸びた先の交点にネジで留めた関節が。グリップを両手で握って開閉したところ、各関節がなめらかに可動して刃先までしっかり連動しました。ちなみに刃のそばのネジで隙間調整ができるため、刃の噛み合わせが気になった時も心配はありません。

 

 

グリップは指のかたちに沿って凹凸がつけられていて、力を入れて握った際のフィット感がGOOD。表面にすべり止め加工も施されているため、違和感なくスムーズにクリッパーの開閉をおこなえました。

 

 

購入者からも「切れ味抜群で使いやすい!」「両手で力をかけられるから要領よく切れる」といった反響が続出。線材の切断に苦労したことがある人は、同商品の実力をその手で試してみては?

 

【関連記事】
【モノタロウ】コンテナを外して使用可能! 収納上手はミニコンテナラックで作業台を片付ける