米ツイッターの新CEOに就任した実業家のイーロン・マスク氏は、有料プラン「Twitter Blue」の価格を8ドル(約1180円※)に値上げし、認証バッジを提供する意向を表明しました。

※1ドル=約147円で換算(2022年11月2日現在)

↑もっと人々のものへ

 

最近、認証バッジ(アカウント横の青いチェックマーク)を月額20ドル(約3000円)にて販売するとの噂が流れました。認証バッジは現在、ツイッターが認めた著名人にだけ無料で提供されていますが、マスク氏はこのシステムを批判。今後は月額8ドルのTwitter Blueで認証バッジを提供すると語ったのです。

 

 

これまでのTwitter Blueは4.99ドル(約735円)で提供され、ツイートの編集機能などが利用できました。今後、Twitter Blueの購入で認証バッジを利用することができるようになれば、マスクCEOが「Power to the people!」と述べているように、同プランの加入者の増加が見込めます。その一方で、認証バッジの信憑性をどのように維持するのかという問題が出るかもしれません。

 

日本では提供されていないTwitter Blueですが、新しい価格や認証バッジの提供制度についての情報は現時点で不明。しかし、もしTwitter Blueにて認証バッジが提供されるようになったら、自分のアカウントの信頼性を高めるために加入してもいいかもしれません。

 

Source: Elon Musk / Twitter via MacRumors