アップルが「折りたたみタブレット」を2024年までに投入するとの予測を、ライバルとなるサムスンが伝えています。

↑Wccftechより

 

アップルの折りたたみデバイスに関する噂といえば、「9インチの折りたたみ製品を開発中」と、著名アナリストのMing-Chi Kuo(ミンチー・クオ)氏が報告していました。またCCS Insightのアナリストは、「折りたたみiPhoneのたたき台として、折りたたみiPadが2024年に登場する」とも報告しています。

 

韓国電子新聞のThe Elecが情報筋から得たとする報道によれば、サムスンはサプライヤーとスマートフォン市場についての会議を実施。その場で、アップルの折りたたみタブレットの投入スケジュールが話題にのぼりました。またこの折りたたみデバイスはスマートフォンではなく、タブレットかノートパソコンとして登場すると見ているようです。

 

たびたび話題となるアップルの折りたたみデバイスですが、アップルは新技術の採用に関して(一般的に)保守的なところがあり、2024年までの投入というスケジュールは、それなりに説得力があります。また報道では、折りたたみスマートフォン市場が大きく成長していることも伝えられています。

 

先述のCCS Insightのアナリストによれば、2500ドル(約37万円)とかなり高額になるかもしれない、アップルの折りたたみデバイス。情報が正しければ、かなりのハイエンド製品となりそうな予感です。

 

Source: The Elec