クアルコムは新型モバイルプロセッサ「Snapdragon 8 Gen 2」を発表しました。

↑隙のない仕上がり(画像提供/クアルコム)

 

Snapdragon 8 Gen 2は、ゲームの新レンダリング技術「レイトレーシング」や新動画コーデック「AV1」に対応していることが特徴。これによって、ゲームでは現実世界での光の挙動をより正確にシミュレートできるうえ、対応動画サービスではデータ通信量を抑えた動画再生が可能になります。

 

プロセッサの内部では、1+4+3構成のコアを搭載。これは3.2GHzで動作する1基のプライムコア「Cortex X3」、2.8GHzで動作する4基のパフォーマンスコア、2GHzで動作する3基のエフィシェンシーコアから成り立っています。これにより、前世代モデル(Snapdragon 8 Gen 1)と比較してCPUの電力効率が40%向上し、性能は最大35%高速化。さらにAdreno GPUはVulkan 1.3をサポートすることで、電力効率が45%、性能が最大25%向上しています。

 

Qualcomm AI Engineは2倍大きな「Tensor」アクセラレータを採用することで、AI(人工知能)性能が最大4.35倍向上。Snapdragon X70 5Gモデムは、5G接続やWi-Fi 7通信、デュアルBluetooth接続を提供します。2億画素のイメージセンサーをサポートし、最大8K/60fps HDRでビデオ再生が可能です。

 

Snapdragon 8 Gen 2を搭載したスマートフォンは2022年末までに、エイスースやモトローラ、OPPO、シャープ、ソニー、シャオミなどから投入される予定。単純な性能向上だけでなくレイトレーシングやAV1への対応により、同プロセッサはさらに隙のない製品に仕上がっているようです。

 

Source: 9to5Google