クアルコムは、AR(拡張現実)スマートグラス向けの新型プラットフォーム「Snapdragon AR2 Gen 1」を発表しました。

↑これでスマートグラスが変わるかも(画像提供/クアルコム)

 

すでにクアルコムは、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を活用したヘッドセット向けプラットフォーム「Snapdragon XR1」と「Snapdragon XR2」を発売していましたが、今回のSnapdragon AR2 Gen 1は、ARヘッドセット(スマートグラス)向けのプラットフォームです。

 

Snapdragon AR2 Gen 1の特徴は、「マルチチップ分散処理アーキテクチャ」を採用していること。これにより、ARコプロセッサはブリッジ(眼鏡の中央)に、そして接続機能はステム(つる)に内蔵することができます。また、Snapdragon AR2 Gen 1は4nmプロセスで製造され、Snapdragon XR2と比較して消費電力が50%削減されました。

 

Snapdragon AR2 Gen 1は最大9台のカメラをサポートし、モーショントラッキングやローカライゼーション、6DoFハンドトラッキングをAIアクセラレーションにより改善。ユーザーが見ている所だけに処理を集中させる「フォービエイテッド・レンダリング」や、虹彩認証にも対応しています。また、Wi-Fi 7に対応した通信チップ「Qualcomm FastConnect 7800」も組み合わせが可能。

 

Snapdragon AR2 Gen 1を搭載した製品は、レノボやLG、ナイアンティック、OPPO、シャープ、TCL、シャオミなどが開発を進めています。まだまだブレイクしたとは言い難いARスマートグラス分野ですが、本プラットフォームを搭載した魅力的な製品の登場に期待したいものです。

 

Source: 9to5Google