SOLMATEは、ポーランドのVasco Electronicsが世界中で展開するポータブル自動翻訳機の新製品「Vasco Translator V4」(以下「V4」)のクラウドファンディングを、「Makuake」で11月30日から開始します。

 

同製品は、2021年にMakuakeで889名から2500万円を超える応援購入が行われ一般発売した「Vasco Translator M3」(以下「M3」)に次ぐ新機種。

 

カメラでテキストを読み取るOCR(光学文字認識)から翻訳できる言語の総数は108言語で、M3の70言語から50%以上もアップしています。音声認識から翻訳できるのは76言語、テキストからは90言語で、世界総人口の9割以上の人々とのコミュニケーションをカバーできるとしています。一般的な翻訳アプリは、単一の翻訳エンジンを使用することがほとんどですが、V4はインターネット上に存在する10種類のAI翻訳エンジンから、それぞれの言語ペアに応じて最適なものを選択するので、より自然な翻訳結果を得ることができます。

 

「音声翻訳機能」は、相手の話した声を自動的にテキスト化し、素早く指定する言語に翻訳。99%のノイズキャンセラー機能を搭載したサブスピーカーも備え、最大99dbまでボリュームアップもできます。翻訳したテキストはV4のモニターで確認でき、そのテキストをネイティブスピーカーのように読み上げます。翻訳したテキストは保存も可能。

 

「フォトトランスレーター機能」は、カメラで撮影した文字をOCRでテキスト化し、モニター上に指定した言語に翻訳して表示します。同機能により、文字を打ち込んで調べる手間を省くことができ、レストランのメニュー、外国語の雑誌や契約書なども、一度に翻訳が可能です。遠くにあるものや暗い場所でも、カメラのズーム機能やフラッシュ機能を使って、読み取ることができます。V4では、M3のOCR機能を強化し、文字認識の精度とスピードが大幅に向上しました。

 

そのほか、SNS上で最大100人と相互翻訳ができる「マルチトーク機能」や、単語帳のような使い方ができる「外国語学習機能」などの機能を搭載しています。

 

世界の200の国や地域で利用可能な専用のSIMカードを搭載しており、Wi-Fiがない場所でもインターネットに接続可能。SIMの使用料はかからず、日々更新される翻訳機能をアップデートしながら、永年無料で利用することができます。

 

M3の2インチから、V4では5インチのフルスクリーンで大画面化し、モニターでのテキストの視認性を向上。文字を大きく表示でき、細かな文字も見やすくなりました。重量は134g、スマートフォンに近しいサイズ感で、人間工学に基づいたデザインにより、片手でも操作がしやすくなっています。IP64等級の防水防塵仕様で、雨天での使用も可能です。バッテリーもM3から大幅にパワーアップし、約4時間のフル充電で待機時間約288時間(約12日間)と、M3の約180時間(約7.5日)から進化。「2022年度グッドデザイン賞」や、「Red Dot Design Award(レッド・ドット・デザイン賞)」(2022年度)、「NY Product Design Awards(NY プロダクトデザインアワード)」(2022年度)を受賞しています。

 

税込価格は4万9500円で、実施期間は11月30日〜2023年1月30日まで。早期割引数は以下の通りです。

↑カラーバリエーションは、左からブラックオニキス、パールホワイト、ルビーレッド、コバルトブルー、ストーングレーの5色

 

2個セット割引

35%オフ…30名

32%オフ…50名

27%オフ…100名

 

1個

30%オフ…50名

27%オフ…80名

25%オフ…200名

20%オフ…500名