プロ用グッズを多数扱うモノタロウですが、DIYユーザーが活用できるグッズもたくさんあります。今回紹介するのは、「DIYをしたい!」と思ったときにオススメのアイテムであるタッカー。タッカーとは大きなホッチキスのような物で、紙ではなく木の板や厚みのある布などを固定する時に使用します。モノタロウの「ハンマータッカー」は、初心者向けのガンタッカーよりも貫通力が強く慣れればリズム良く作業が可能。1歩先を求めるDIY好きさんにオススメしたい商品です。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
【モノタロウ】1+1は2以上!? 使えば分かる「押さえ板」の凄さ

 

●DIYの作業効率をアップしてくれる「ハンマータッカー」(モノタロウ)

ガンタッカーは狙った場所に固定して使うので安定しますが、1度の動作が大きく作業効率が良くないところがデメリット。そんな初心者向けのガンタッカーより1歩進んで作業効率をアップできるのが、モノタロウの「ハンマータッカー」(3289円/税込)です。

 

「ハンマータッカー」の全体の大きさは、長さが約27.5cmで1番太いグリップ部分の幅が約3cm。タッカーには見えないスリムなデザインがカッコいいですよね。一方で本体の重さは426gと見た目よりもやや重たい印象ですが、利用者からは「重さはちょうどよく気にならない」との声も上がっていました。

 

ステープルと呼ばれる針を入れる時は、先端の近くにある突起状のレバーを矢印の方向に下げて格納スペースを出します。格納スペースのレバーを下げてステープルを入れ、再び本体側のレバーを下げながら元に戻せばセット完了。文房具のステープラーとよく似ている構造なので、初めてでも抵抗なくセットできました。

 

 

それでは打ち込んでいきたいと思います。ハンマーのように振り下ろして使うので最初は力の加減に戸惑ったものの、慣れてくればリズム良く狙った場所へ打ち込めるようになりました。

 

実際に商品を利用している人からは「ポンポン打てるので作業が捗ります」「連続で使用しても針が詰まらずに効率良く使える」など、使いやすさに満足しているよう。そろそろDIYの効率を上げて作業したいという人にぴったりな「ハンマータッカー」。リズム良く打てると爽快な気分を味わえるので、是非試してみてください。

 

【関連記事】
【モノタロウ】これがあれば怪しい人は入れません! お手頃価格で不審者を撃退する本格タイプの「防犯用ダミーカメラ」