突然ですが、みなさんは「トマトラーメン」を食べたことがありますか? まだ触れたことのない人からすればトマトとラーメンの組み合わせに驚くかもしれませんが、トマトラーメンファンは増加の一途をたどるばかり。近年は専門店の進出も目立ち、いまやすっかり市民権を獲得しています。そこで今回は、ローソンで販売されている「日清食品 人類みな麺類RED めっちゃうまから! 旨だしトマトらーめん」(258円/税込)に注目。どのような味わいを楽しませてくれるのか、じっくりレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
シンプルだからこそ本気の勝負! ファミマの「塩豚ねぎうどん」は奥深い“だしつゆ”の風味が決め手

 

●「日清食品 人類みな麺類RED めっちゃうまから! 旨だしトマトらーめん」

なかなかインパクトのある商品名ですが、「人類みな麺類」とは大阪市淀川区に店舗を構える醤油ラーメン専門店のこと。入口には「麺」の1文字が掲げられているだけですが、公式サイトには「それでも人はやってくる。そう、それは『人類が麺類である』証」という説明も。ちなみに今回購入した「旨だしトマトらーめん」は、かつて人気を博した「人類みな麺類RED」をカップ麺として限定復活させた商品でもあります。

 

調理を終えたスープは見るからに辛そうですが、「トマトの色に違いない」と自分に言い聞かせてまずは麺から一口。するとかつおだしとトマトの旨みが最初に広がり、ラーメンというよりはパスタをいただいているような感覚が。そう思ったのも束の間、ピリピリした刺激が一気に口の中全体を覆っていきます。

 

 

そのまま続けて麺をすすり続けていると、鼻頭や額から汗がじわり。麺は日清食品の人気商品「カップヌードル」のちぢれ麺とは異なるストレート麺が使用されていて、するりと口に飛びこんでくる感覚や流れ落ちていくようなのどごしがGOODです。

 

トッピングは味付豚ミンチとねぎの黄金コンビに加えて、トマト加工品も。専門店でいただく機会の多いトマトラーメンが手軽にいただけるのも、まさにカップ麺ならではの魅力といえます。時おりプチっと感じるゴマの風味もアクセントになりつつ、旨辛トマトラーメンの味わいを存分に堪能することができました。

 

購入者からも「トマトの旨みがめちゃくちゃ効いてる!」「旨辛スープの再現力がすごい」と好評の同商品。繰り出される強烈なパンチを、あなたも浴びてみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
老舗精肉店のこだわりが光る! セブンの「柿安監修牛すき鍋」はたっぷり染みこんだ醤油×みりんの割り下が大活躍