アップルが「iPhone 14」にあわせて49ドル(約6800円)の廉価な「Apple Pencil」の発売を予定していたことが、中国語SNSのWeiboに報告されています。

↑mokjc / Shutterstock.comより

 

現在アップルは「Apple Pencil(第1世代)」と「Apple Pencil(第2世代)」の2製品を販売しており、それぞれ99ドル(約1万4000円)/129ドル(約1万8000円)となっています。

 

Weiboの報告で、リークアカウントのDuan Rui(ドゥアン・ルイ)氏によると、アップルは廉価なApple Pencil「Marker(開発コード)」の量産を開始しており、今年9月のイベントでの発表を予定していたとのこと。しかしその計画は、直前になって破棄されてしまいました。

 

MarkerはほかのApple Pencilとは異なり、圧力感知システムやバッテリーを内蔵していなかったとのこと。代わりにディスプレイから、Markerに電力を供給するためのチップを開発していたそうです。これは、サムスンのスタイラス「Sペン」と同じシステムです。もちろん、iPhoneに対応するのも大きな特徴となるはずでした。

 

というわけで、幻に終わってしまったのかもしれないiPhone対応の廉価なApple Pencil。しかし個人的には、いつかiPhoneでApple Pencilが使える未来がおとずれてほしいものです。

 

Source: Weibo via 9to5Mac