さつまいもの甘い風味を活かしたデザートの代表格といえば、おそらく“スイートポテト”が真っ先に挙がると思います。なめらかな口あたりが心地よく、スイーツ好きでなくてもその魅力に誰もが惹かれるはず。コンビニでも専門店に負けないハイクオリティな商品が販売されていますよね。そこで今回は、ローソンの「とろ生スイートポテト」(214円/税込)を選んでみました。果たしてそのお味は…?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
商品名に負けないパンチ力! 「人類みな麺類RED めっちゃうまから! 旨だしトマトらーめん」の味わいにノックダウン

 

●「とろ生スイートポテト」(ローソン)

その名称から海外生まれの印象を抱きがちなスイートポテトですが、じつはれっきとした日本発祥のスイーツ。ちなみに漢字で「薩摩芋」と書くものの原産地自体は中央アメリカで、スペインや中国などを経て日本に伝わったとされています。主食だけでなくスイーツにも活用できるほど有能とあって、さつまいもが苦手な人を探す方が難しいかもしれませんね。

 

今回購入した「とろ生スイートポテト」は、手のひらにちょこんと乗るサイズ感。さつまいもペーストとカスタードを組み合わせていて、従来の横長型ではなくカップケーキのような形状が印象的です。パっと見は飾り気のない素朴なビジュアルながら、ツンと立ち上がったさつまいもペーストの角がなんとも可愛らしい……。

 

まずは表面を覆うさつまいもペーストから一口いただいたところ、濃厚な味わいの中にもさつまいもの風味がふわり。単純に甘みを強調するのではなく、味と香りをバランスよく整えた繊細な仕上がりがお見事です。口の中に入れた瞬間、ふわっとほどけるような舌ざわりもGOOD。

 

さつまいもペーストの下に敷かれたカスタードは、まさしく“とろ生”の名に相応しい食感。ペーストを支えているので「固めかな?」と思いきや、見た目以上に口あたりはなめらか。ペーストと一緒にいただいてもしっとり感は消えず、さつまいもの風味を引き立てる役割をしっかり果たしてくれました。

 

既に同商品を購入した人からは喜びの声が続出。「さつまいもの風味をしっかり出しつつ食べやすい甘さ!」「ペーストとカスタードそれぞれの食感が楽しめて最高」などの反響が寄せられています。「とろ生スイートポテト」が持つ風味と食感を、ぜひ堪能してみてくださいね。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
シンプルだからこそ本気の勝負! ファミマの「塩豚ねぎうどん」は奥深い“だしつゆ”の風味が決め手