今や私たちの生活に欠かせない存在となったダイソー。日用品からニッチな商品まで品揃えも豊富です。同社の「ツナ缶スプーン」は名前の通りツナ缶を開ける際に使用するスプーンで、面倒な缶開けや油切り、中身の取り出しがとてもスムーズに。今回はそんな「ツナ缶スプーン」の使い心地を調べてみました。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
靴ひもを結び直す手間から解放される! ダイソーの便利な「靴ひも調節パーツ」はいかが?

 

●油を切りながら掬える「ツナ缶スプーン」(ダイソー)

ツナ缶の油を切る作業って意外と大変ですよね。私も面倒だなと思いながら、いつも普通のスプーンでやっていました。そんな時に偶然目に入ったのがこの「ツナ缶スプーン」(110円/税込)です。

 

実際に商品のサイズを測ってみたところ、約18.5(長さ)×3(幅)×2cm(高さ)。先端が割れており、穴が無数に開いているので通常のスプーンとしての使用は難しいかもしれません。

 

持ち手のところはクリップとして使えます。ここでパウチの絞り出しをおこなえるのがGOOD。オシャレな赤い色でキッチンが華やかになるのも嬉しいポイントです。

 

それではさっそく使ってみましょう。持ち手の後ろ部分をプルタブに引っかけるだけで、簡単に蓋を開けることができました。ネイルをしていたり、爪が弱かったりすると缶を開ける作業は難しいので凄くありがたいです。

 

普通のスプーンだとなかなか油も切れず、急ぐと上からツナがこぼれてしまったりでストレスを感じてしまうことも。しかしこちらのスプーンなら、缶にぴったりフィットするので楽々油を切ることができます。しっかり油を切らなくても、掬っている間にも油が落ちていくので大雑把な私にもピッタリ。

 

個人的に一番便利だなと思ったのは、先端が分かれている事。このちょっとした突起のおかげで、角に残った分までしっかり掻き出せます。いつももったいないなと思っていたので、余すことなく使用できるのは嬉しいですね。

 

ネット上では「痒い所に手が届くので、使っていて便利」「端の突起が細かい箇所の掻き出しに使える」など好評の声が続出しています。一つあるとツナ缶を開けるのがもっと楽になること間違いなしです。毎日の家事をちょっとだけ簡単にしてくれるこちらの商品、是非検討してみてくださいね。

 

【関連記事】
手間なく時短! 時間のかかる泡立ても「半自動泡立て器」で疲れ知らず