ソニーは11月29日、自分の動きをデータ化する“モーションキャプチャー”を実現できる小型デバイス「mocopi」(モコピ)を発表。2023年1月下旬に発売します。ソニーストアでの価格は4万9500円(税込み)です。

 

mocopiは、500円玉より少し大きい丸形のデバイスを体に装着し、スマホアプリで接続することで、アプリ内のアバターを自分の動きとリアルタイムに同期させることが可能。モーションキャプチャーとして収録、保存できます。

 

保存したデータはMP4形式の動画として編集や配信に使用できるほか、BVH形式のデータにして3DCG編集ソフトの「Unity」「MotionBuilder」に取り込んだり、VRアプリ「VRChat」のアバターとして使用したりできます。

 

デバイスは頭にひとつ、両手首にひとつずつ、腰にひとつ、両足首にひとつずつの、計6個を装着。付属のバンドとクリップで固定するだけなので、専用のスーツなどは不要です。デバイスとスマホはBluetoothで接続します。なお、接続できるスマホと対応OSは以下のとおり。

Android
Xperia 5Ⅳ、Xperia 1Ⅳ、Xperia 5Ⅲ、Xperia 1Ⅲ、Xperia 5Ⅱ、Xperia 1Ⅱ/Android 11以降

iOS
iPhone 14 Pro Max、iPhone14 Pro、iPhone14 Plus、iPhone14、iPhone 13 Pro Max、iPhone13 Pro、iPhone13、iPhone 12 Pro Max、iPhone12 Pro、iPhone12/iOS 15.7.1以降

↑装着する部位ごとに色分けされているので、付け間違えはなさそう

 

↑付属のバンドとクリップにデバイスを装着して使うので手軽

 

アプリ内では収録・保存のほかに、動くアバターや背景色の変更、さらには口元を合わせるリップシンクも可能となっています。

↑収録画面

 

↑こちらはイメージだが、実際のスマホアプリでは激しいダンスもリアルタイムに合わせてくれる

 

まだまだ根強い人気のVTuberや、盛り上がりが注目されるメタバース内でのコミュニケーションで必要な、アバター制作を手軽にできるデバイスとして期待が集まりそうです。