ファーウェイが次期折りたたみスマートフォン「Mate X3(仮称)」をまもなく発売する可能性が高いとの情報が、中国語SNSのWeiboに投稿されています。

 

ファーウェイは2021年に、折りたたみスマートフォン「Mate X2」を発表。内部に8インチの折りたたみディスプレイ、外部に6.45インチのサブディスプレイを搭載した横折りタイプのハイエンド製品でした。

 

今回のWeiboへの投稿によれば、Mate X3は間もなく発売される予定で、そのデザインはサムスンの折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold 4」に似たものとなるとのこと。つまり、Mate X2から引き続き横折りタイプのスマートフォンになることが示唆されています。

 

また気になることに、Mate X3はGalaxy Z Fold 4などのライバル機種と比較して、かなり安くなることも指摘されています。プロセッサには最新の「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載し、2023年の早い時期の発売が期待されているのです。

 

ところでファーウェイといえば、米国による輸入規制の対象となったこともあり、日本を含めて先進国での入手が難しい状況にあります。Mate X3が日本に上陸することができるのかどうかも、注目したいものです。

 

Source: Weibo via GizmoChina