アップルの自動車向けキーレスシステム「Car Key」において、一部のAndroidスマートフォンとも車の鍵を共有できるようになりました。

↑アップルより

 

Car Keyは2020年6月にアップルが発表した規格で、iPhoneやApple Watchなどを利用して車の解錠や施錠が可能です。さらに、メッセージアプリなどで、アップル端末同士で鍵をシェアすることもできます。また、iPhoneやApple Watchのバッテリーが切れた状態であっても操作が可能です。

 

アップルはIETF(インターネット技術の標準化団体)や業界メンバーと協力して、クロスプラットフォームでのCar Keyの標準化を進めています。そして今回、グーグルの「Pixel」スマートフォンでもCar Keyが利用できるようになったのです。さらに近日中には、すべてのAndroid 12以降のスマートフォンへのサポートが展開される予定です。

 

実際にはiPhoneの「Wallet」アプリ内の共有ボタンから、Androidスマートフォンへの鍵の共有ができます。共有方法にはメッセージやメール、WhatsAppなどのSNSアプリが利用でき、オプションのワンタイムパスワードにてセキュリティを高めることもできます。

 

さらに共有後であっても、いつでも車の鍵の共有を取り消すことができます。Walletアプリを開いて自動車のキーを選択し、「人」アイコンをタップすることで、現在の共有リストを管理できます。

 

というわけで、さらに便利に利用できるようになったCar Key。後は、対応する車種やブランドが拡大することを待ちたいものです。

 

Source: 9to5Mac