アップルによる開発が噂されるAR/VRヘッドセットでは「xrOS(仮称)」が動作するとの情報を、ブルームバーグのMark Gurman記者が報じています。

↑9to5Macより

 

アップルのAR/VRヘッドセットについては、2023年のリリースを示唆する情報が何度か登場しています。また製品は3000ドル(約41万円)のハイエンド向けデバイスとなり、虹彩認証機能が搭載されるとの情報もあります。

 

今回の報道によれば、アップルはAR/VRヘッドセットのOSの名称を「realityOS」からxrOSに最近変更したとのこと。また、xrOSの「xr」は「Extended Reality(拡張現実)」だとも説明されています。このことは、アップルのヘッドセットがAR(拡張現実)からVR(仮想現実)までを含めたMR(複合現実)に対応することを示唆しています。

 

アップルのAR/VRヘッドセットの開発にはPages、Keynote、Numbers、Notes、Apple Newsなどの開発責任者が関与しているとのこと。このことから、アップルがハードウェアだけでなくアプリやサービスの開発も重視している可能性があります。

 

VR業界ではメタが「Meta Quest Pro」を発表した一方、3次元コミュニケーション空間「メタバース」関連事業の失速も伝えられています。アップルが本当にAR/VRヘッドセットをリリースするのなら、どのような業界を狙って投入するのかが気になるところです。

 

Source: ブルームバーグ via 9to5Mac