元K-1選手の魔裟斗さんが、4年ぶりに開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」を訪れる動画を公開。新型ゲレンデを楽しみに向かったところ、思いもよらぬモノに興味を惹かれてしまったようです。

出典:魔裟斗チャンネル

 

●車を見るはずが、なぜかプライベートジェットに興味津々!?

話題を集めたのは、「新型ゲレンデ見に行ったら、10億円の飛行機が欲しくなりました。【モビリティショー】」と題された動画。昔からメルセデス・ベンツに乗っているという魔裟斗さんは、同社のコーナーに足を運びます。

 

まず注目したのが、「Concept EQG 【Japan Premiere】」という一台。「ゲレンデ」を電動化した日本初披露のコンセプトカーで、2024年にドイツで発売後、日本でも展開される予定です。魔裟斗さんも興奮した様子で、「Gクラスの内装ですよね」「電気自動車だけど、しっかりGクラスになっている」と満足気。コンセプトカーなのでバッテリーの容量や走行できる距離はまだ未公表のようですが、「ガソリンと同じくらい走ったらすごくいいよね」と期待を寄せていました。

出典:魔裟斗チャンネル

 

ちなみに魔裟斗さんのこれまでの愛車遍歴は、「ボルボ V70」「ダッジ デュランゴ」「トヨタ セルシオ」を経て、24歳のときに「メルセデス・ベンツ CLS」を購入。そこからは一度だけポルシェのカイエンを挟んだものの、ひたすらメルセデス・ベンツに乗ってきたそうです。

 

次は、トヨタのランドクルーザーをチェック。展示されていたのは「ランドクルーザー“250”【NEO Steer】」です。こちらはすべての運転操作を手だけでおこなえるハンドルをオプション可能とした「ランクル」の新型モデル。魔裟斗さんも「アクセルとブレーキのペダルがない」と驚きを隠せません。アクセルとブレーキがハンドルについている同モデルに「普通の免許の講習も変えないといけないね」と冷静なコメントを残しながらも、「未来ですね」と感心している様子でした。

出典:魔裟斗チャンネル

 

続いて向かったKawasakiのブースでは、家族や友人たちと一緒に楽しめるよう4シータータイプとして開発されたKawasakiの「TERYX KRX4 1000」というバギーに試乗。「ちょっと(砂漠)走ってみたいね」と楽し気な様子です。

 

そして魔裟斗さんが最後に目をとめたのは、クルマではなく飛行機。「HondaJet Elite Ⅱ」というパイロット1人と乗客3人が搭乗可能なプライベートジェットです。約10億円という価格に「スーパーセレブリティ(向け)だね」と言いながらも「もしかしたら買うかもしれないから」と内装を念入りにチェック。自分で免許をとって運転する人も多いと聞いて、「俺も免許取りに行かないと…」とコメントしていました。

出典:魔裟斗チャンネル

 

未来のコンセプトカーがお目見えした今回の「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。「未来は電気自動車か? という感じだったね」という魔裟斗さんは、「買うとしたら?」というスタッフの問いに「EQG」と即答していました。「飛行機は買わない」「運転する自信がないから」とのことです。

 

視聴者からも「魔裟斗さん詳しいから楽しく見れた!」「出てきた車種全部乗ってみたい」と好評の同動画。車好きの人はぜひチェックしてみてください。