ここでは、キャンプで活躍する調理家電を紹介。ホットプレートで肉を焼いたり、コーヒーを豆から挽いて味わうこともカンタンだ。初心者では難しい炊飯も電気の力を借りれば楽勝。後片付けもサクッと終わる!

※この記事は「GetNavi」 2023年12月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

高い可搬性と温度制御でキャンプ飯の格が上がる!

abien
abien MAGIC GRILL (2022モデル)

実売価格2万3980円

高密度フィルムヒーター「サーキットヒーター」をプレート内部に張り巡らせることで、プレート全面をムラなく均一に加熱できる。2022モデルは4段階に温度調節ができ、幅広い調理に対応できるようになった。

SPEC●消費電力:約850W●ヒーター:フィルムヒーター●温度設定:4段階(約250℃/約190℃/約150℃/約100℃)●コード長:約1.8m●サイズ/質量:約W405×H79×D305mm/3.1kg

 

↑独自のコーティングにより、少量の油でも焦げ付きにくく洗いやすい。少々の汚れはペーパーでサッと拭き取れるので、後片付けがラク

 

↑両脚部をプレートと分離することができ、コンパクトに収納できる。3.1kgと軽量で、クルマとサイトが離れても持ち運びしやすい

 

誰でも簡単に極上ステーキが焼けるコンパクトなのもイイ!

「キャンプメシにおいて肉は正義。しかし、焚き火や炭火では温度管理が難しく、美味しく焼くにはある程度の経験が必要です。本機は温度制御に優れ、誰でも簡単にステーキが焼けます。コンパクトになるのもウレシイ!」(家電ライター・近藤克己さん)

 

豆からも粉からも手軽に美味しいコーヒーが淹れられる

ラドンナ
Toffy 全自動ミル付アロマコーヒーメーカー K-CM7

実売価格9350円

豆挽きからドリップまで全自動でカップ1杯ぶんのコーヒーが淹れられる。サーバーがなく、ノズルから直接カップに注ぐ形式なのでコンパクト。豆挽きから抽出まで約3分半と早い。デザインもアウトドアにマッチする。

SPEC●消費電力:約500W●水タンク容量:200ml●コーヒーミル最大容量:約16g●抽出方式:ドリップ式●コード長:0.8m●サイズ/質量:約W132×H234×D168mm/非公表

 

↑ステンレスメッシュフィルターを採用。豆の油分も抽出できるので、風味が強く濃厚な味を楽しめる。余分なゴミが出ないのも良い

 

↑本体上部にミルカッターを搭載。ミルの最大容量は16gで、コーヒーカップ1杯分(約160㎖)が挽ける。粉からの抽出も可能だ

 

ガラス容器がないので破損の心配もない

「豆を挽き、お湯を沸かし、ペーパーフィルターをセットしてハンドドリップするのは面倒。全自動ならば豆や粉と水をセットするだけなのでのんびり過ごせます。ガラス容器がないので、破損する心配もありません」(家電ライター・近藤克己さん)

 

車内や幕内でもメスティン調理を楽しめる

サンコー
火要らずで卓上キャンプ飯「エレクトリックメスティン」

実売価格7680円

焼く・煮る・炊く・蒸す・茹でるなど、様々な調理ができる調理器具「メスティン」を電気で使える製品。取っ手がついており、調理後はそのまま食器として使うこともできる。本来は炊飯用の「飯ごう」で、1.5合までの炊飯が可能だ。

SPEC●消費電力:450W(100V)●ヒーター最大温度:150℃●最大水位:1l●温度設定:温度無段階ダイヤル●コード長:1m●サイズ/質量:(本体)W150×H78×D100mm(本体)、(鍋)W176×H75×D136mm、(フタ)W194×H22×D144mm/約1.2kg

 

↑宇蓋は鉄板になっており、フライパンのように使える。肉と卵とソーセージ、のように複数の食材を調理できる余裕もあり、素早く完成できる

 

↑表面はフッ素加工済。焦げ付きにくく、食材がこびりつきにくいので少ない油でヘルシーに調理できる。撤収時もサッと拭き取るだけ

 

1台何役?「これさえあれば」な万能器具

「火を使わないので車内でもテント内でも使えるのがメリット。これひとつでほとんどの料理ができ、食器にもなるので、最初に購入する器具としてもオススメです。メスティンは人気製品なので、使い方やレシピの情報が豊富なのも魅力」(テクニカルライター・湯浅顕人さん)

 

キャンプの夜は2品同時調理で時産&エコ

レコルト
クッキングライスクッカー RCR-2

実売価格1万2100円

炊飯器の内釜の上に調理トレイをセットし、炊飯時出る蒸気を利用しておかずも作れる。ごはんと蒸ししゃぶ、ごはんと煮魚、ごはんとハヤシライスといった組み合わせが可能。おかず×おかずの組み合わせもOK。

SPEC●消費電力:300W●炊飯容量:90ml〜540ml(0.5合〜3合)付属品●本体、内ブタ、内釜、調理トレイ、計量カップなど●サイズ/質量:W196×H191×D251mm/約2.1kg

 

↑調理トレイは深型で汁物に対応。シリコンミトンを付属し、熱々の調理トレイを安全に取り出せる。付属のしゃもじはすくいやすい独自形状だ

 

↑炊飯容量は最大3合だが、2段調理する場合は1.5合まで炊ける。白米だけでなく玄米やおかゆにも対応する

 

キャンプでも時産家電を使えば早くお酒にありつける

「キャンプの夜はとにかく早くお酒が飲みたい。そんな時に時産家電は便利です。ごはんと一緒におかずを作ったり、おかずを2品同時に作ったり。手際よく夕食を準備したら、あとはまったり飲むだけ。1回で2品作れるからエコでもあります」(家電ライター・近藤克己さん)

 

食パン1枚でコンパクトなホットサンドを焼ける

レコルト
プレスサンドメーカー ミニ

実売価格4400円

6〜12枚切りの食パン1枚で好きな具材を挟み、最短2分半で焼き上げられるホットサンドメーカー。市販のパイシートを使って熱々のパイを焼いたり、ホットケーキミックスでスイーツを作ったりもできる。

SPEC●消費電力:350W●プレート材質:アルミダイキャスト(フッ素樹脂コーティング)●サイズ/質量:W160×H90×D160mm/約0.85kg

 

↑食パン2枚を使う一般的な製品と異なり片手でつまめるサイズで焼き上がるので、様々な味を楽しめる

 

↑ご飯で具を挟んだり海苔で巻いたりすれば焼きおにぎりサンドなども。普段のお弁当作りなどにも役立つ

 

具材をしっかり包み込むので手を汚さずに味わえる

「パンをギュッと挟み込んで焼き上げることで耳がしっかりと閉じるため、具材やソースがこぼれて手が汚れる心配がありません。片手でひょいとつまんで食べられ、小食の人でも1個ラクラク食べきれるサイズなのも魅力です」(家電・ITジャーナリスト・安蔵靖志さん)

 

湯沸かしだけでなく調理にも使えるおしゃれケトル

ブルーノ
温度調節マルチケトル

実売価格1万3200円

45〜100℃まで1℃単位の設定が可能な温度設定モードを搭載する電気ケトル。茶こしや湯せんカップ、たまごホルダーが付属しており、低温調理なども含めて幅広い調理に活用できる。

SPEC●消費電力:900W●温度設定:45〜100℃(1度刻み)●登録温度:50、60、70、75、80、85、90、95、100℃●保温時間:1〜6時間(1時間単位)●コード長:0.7m●サイズ/質量:W245×H235×D165mm/約1.2kg

 

↑45〜100℃まで1℃単位で温度を設定できるだけでなく、1〜6時間まで1時間単位での保温も可能。予約機能まで付いているのがユニークだ

 

↑茶こしと湯せんカップ、たまごホルダーが付属。時間や温度管理が面倒な半熟卵や温泉卵も、温度設定モードで簡単に調理できる

 

オートキャンプサイトでも安心して使える消費電力

「電気ケトルは消費電力が大きいほど短時間でお湯が沸くのですが、1000Wを超えるとオートキャンプサイトでは使えない可能性も。その点本機は900Wと小さめなので安心して使えます。予約機能は翌朝の一杯に便利」(家電・ITジャーナリスト・安蔵靖志さん)