2024年に登場するであろうアップルの「iPhone 16」シリーズ。そこで期待されている16個のアップデートについて海外メディアのMacRumorsがまとめているので、大まかに見てみましょう。

↑次は何が来る?

 

MacRumorsの記事を読むと、主要なアップデートとして以下の3つが挙げられそうです。

 

・大型ディスプレイの搭載

上位モデルの「iPhone 16 Pro」と「iPhone 16 Pro Max」では、前者に6.3インチの、後者に6.9インチの大型ディスプレイが搭載されると予測されています。

 

・カメラのアップデート

iPhone 16 ProおよびPro Maxでは4800万画素の超広角カメラが搭載されそうですが、iPhone 16 Pro Maxだけには超高倍率のペリスコープカメラが導入されるかもしれません。しかし、iPhone 16 Proも5倍の光学ズームに対応する可能性があります。

 

・ソリッドステートボタン

iPhone 16 ProおよびPro Maxの音量ボタン、電源ボタン、アクションボタンには、物理ボタンの代わりに、振動でクリックを再現するソリッドステートボタンが搭載されるようです。

 

その他に期待されるアップデートには以下が含まれます。

 

・キャプチャーボタンの搭載

・iPhone 16および16 Plusでの背面カメラレイアウトの変更

・Wi-Fi 7への対応

・A18 Proチップの搭載

・5G Advancedのサポート

・より省電力な有機ELディスプレイの搭載

・iPhone 16および16 Plusモデルでのアクションボタンの搭載

・AI機能による「Siri」の進化

・大容量かつ長寿命な積層バッテリーの搭載

 

もしかしたら、iPhone 16 Pro Maxではなく「iPhone 16 Ultra」が投入されるかもしれませんが、iPhoneのさらなる進化に早くも期待が膨らみます。

 

Source: MacRumors