寒い季節は温かい料理が欠かせないですよね。なかでもグツグツと目の前で煮込みながら食べられる鍋料理は、最後まで熱々で至福を感じる方も多いはず。そこで今回注目したのが、すき家から発売中の「牛すき鍋定食」です。はたしてその味わいは…?

 

【フォトギャラリー(商品の画像を見る)】

 

 

●「牛すき鍋定食」(すき家)

すき家から、冬の定番商品となっている大人気メニュー「牛すき鍋定食」(890円/税込)がついに販売開始されました。同商品はテイクアウトも可能。アルミ素材の専用容器で提供され、ガスコンロやIH調理器を使って直接火にかけるだけでお店の出来立ての味が楽しめます。オフィシャルホームページによるとお肉や野菜が入っていて、溶き卵や卵とじなど好みの食べ方もできるとのこと。食べる前からワクワクが止まりません。

 

テイクアウトしてきたのは「牛すき鍋定食」のごはん並盛りです。袋から出すと、ご飯・特製の割り下・たまご2個・取り皿が別で用意されていました。たまごが2個も付いてくるのは嬉しいですね。まずは「牛すき鍋」に割り下をINします。次に、中火で約2分間加熱して熱々の状態に。グツグツと煮立っている音と割り下の甘い香りが食欲をそそります。

 

さっそく、たっぷりあるお肉から一口。お肉は柔らかいだけでなく、甘辛い割り下との相性も抜群で、口の中いっぱいにご飯をかきこみたくなる美味しさです。次に狙いを定めたのは、たっぷりある野菜たち。野菜が鍋の中で煮込まれ、旨みを吸収することで想像以上に深みのある味わいが口の中を覆い尽くしました。うどんやしらたきも、割り下の旨みがよくしみ込んでいてGOOD。これは、お箸が止まりません。

 

一通り割り下だけの味を楽しんだので、次はたまごと絡めて頂くことに。そのままでも十分に旨みを感じることができたお肉ですが、たまごと絡めて食べるとマイルドになり更にお肉の旨みが引き立ちます。野菜やうどん、しらたきも程よい塩加減になるので、最後まで味に飽きることなくお腹いっぱい楽しむことができました。

 

ネット上には「割り下の旨みがたまらない! 爆速でご飯が進む」「最後まで熱々でボリューム満点!」といった声が続出。熱々の「牛すき鍋定食」を食べて、心も身体も温めてみてはいかが?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。