キャンプの時間をよりリッチにするために取り入れたいのがエンタメ家電。好きな曲を聴きながら過ごす時間は 心地良く、大画面で楽しむ動画視聴は自宅とは異なる体験をもたらしてくれる。記録系ギアにも注目したい。

※こちらは「GetNavi」2023年12月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

私たちが選びました

 

【その①】軽量・コンパクトながら高輝度・高画質・高音質の三拍子

XGIMI

XGIMI Halo+

投射サイズ30〜200インチのモバイルプロジェクター。激しい動きでもブレを防止するMEMCや、色彩を鮮やかにするX-VUE2.0、高コントラスト化のHDR10対応など、高画質化技術を豊富に搭載。超低遅延モードでゲームにもピッタリ。

 

↑本体は軽量・コンパクト。最小79cm(30インチ時)と短い照射距離と合わせ、狭いテント内でも余裕をもって設置できる。運搬や収納にも便利

 

↑高音質なスピーカーを内蔵。5Wの大出力で、別途スピーカーを用意しなくても高音質で楽しめる。Bluetooth接続のスピーカーとしても利用可能

 

<私が選びました!>テクニカルライター 湯浅顕人さん

「多くの人にとって、キャンプなんて年に1〜2回でしょう。それなら家でも楽しめるスペックの製品を選ぶべき。同クラスの製品に比べて高い輝度を誇り、高画質と高音質を備えたHalo+は、まさにそれを満たす製品と言えます。」

 

【その②】アウトドアに適した防水性能と音質にも妥協のないスピーカー

アンカー・ジャパン

【改善版】Anker SoundCore 2

出力12Wのモバイルスピーカー。約3.8㎝のフルレンジスピーカーユニットを2基装備する。マイク内蔵でハンズフリー通話にも使用可能。Bluetooth接続のほか、AUXケーブル(ミニプラグ)での接続にも対応する。

 

↑2台用意すればステレオスピーカーとして使用可能。広いスペースに大勢が集まっているとき、スピーカーを分散して設置できるメリットも

 

↑余裕ある音量と高音質ながら、軽量コンパクトな筐体。横長なフォルムは音の拡がりを感じやすいとともに、不整地にも安定して設置できる

 

<私が選びました!>テクニカルライター 湯浅顕人さん

「天面に隙間がなく、濡れた手や汚れた手でも躊躇なく操作できます。重心が低いので、不安定な場所で操作してもグラつきなし。家でもベランダ飲みやお風呂スピーカーにと大活躍しています。」

 

【その③】軽量ボディにより様々な視点で撮影できる

DJI

Osmo Action 4

8月に発売されたアクションカメラで、前面・背面にタッチディスプレイを備える。従来世代と比べると、イメージセンサーが1/1.3インチへ大型化し、低照度での撮影画質が改良されたことがポイントだ。

 

↑7cm強のボディ幅は、一般的なスマホと同程度で、質量も約145gと軽い。マウントを活用することで、様々な視点での撮影が楽しめる

 

↑画角は超広角の155度に対応。アドベンチャーコンボ(7万5900円)に同梱される1.5mの延長ロッドなどを使えば、自撮りも柔軟に行いやすい

 

<私が選びました!>モバイルライター 井上 晃さん

「同シリーズはカメラ面のディスプレイをタッチ操作できるのが◎。マウントへの着脱に、クリップと磁力を合わせて利用する「クイックリリース」の仕組みも快適です。防水ケースなしで水回りで使えることもうれしいです。」

 

【その④】周囲に迷惑をかけずに思い切り音楽を聴ける

エレコム

NESTOUT SPEAKER-1

3月にクラウドファンディングのMakuakeにて先行販売され、9月に一般販売を開始したウエアラブルスピーカー。耳を塞がないオープンイヤータイプで環境音も聞こえやすく、複数人で音楽をシェアする機能も搭載する。

 

↑「サイレント/ライブモード」を使えば、最大20人程度で同じ音源を再生できる。接続範囲はホストから半径15mほど

 

↑防水防塵性能はIP54相当。アウトドアでの急な雨も安心だ。大きめの物理ボタンも備え、手袋でも扱いやすい

 

<私が選びました!>モバイルライター 井上 晃さん

「アウトドアで音楽を楽しみたい場合に気になるのが周囲への配慮。本機を用意しておけば、周りに迷惑をかけずに、複数人で音楽を楽しみやすいでしょう。サイレント/ライブモード使用時には約5時間の連続再生が可能です。」

 

【その⑤】USBメモリなどにテレビ番組の録画もできる

グリーンハウス

19型バッテリー内蔵 ポータブルテレビ

地デジとワンセグのチューナーを内蔵し、電波状況に応じて自動的に切り替えるポータブルテレビ。USBメモリや外付けHDDに番組の録画も可能で、好きな番組を持ち出せる。ゲーム機などをつないで遊ぶこともできる。

 

↑19型のサイズながら約2.05kgと軽いのが魅力。ハンドルが付いているので持ち運びもしやすい。キャリングバッグも付属する

 

↑ハンドルを下げると角度調節が可能なスタンドになる。フックなどに吊り下げてテントの中で視聴するという使い方もできる

 

<私が選びました!>家電・ ITジャーナリスト 安蔵靖志さん

「HDMI端子にAmazonの「Fire TV Stick」などのVOD機器を接続し、スマホのテザリング機能などを使ってWi-Fi環境を構築すれば、AmazonプライムビデオやNetflixなどの動画配信サービスも楽しめます。」

 

【その⑥】きれいな野鳥を見て撮ってカンタンにシェアできる

キヤノン

PowerShot ZOOM

ボタンを押すだけで100mm/400mm/800mmの焦点距離を切り替えでき、そのまま静止画/動画撮影が可能。オートフォーカス、光学手ブレ補正、最高約10コマ/秒の高速連写機能により、狙ったものをばっちり撮影できる。

 

↑スマホと連携すれば専用アプリで撮影した静止画・動画を確認できるほか、ライブビューも可能。見ている映像をリアルタイムでシェアできる

 

↑0.39型・約236万ドットの高精細カラー電子ビューファインダーを採用。視力に合わせて調節できる視度調節機能も搭載し、野鳥なども見やすい

 

<私が選びました!>家電ライター 近藤克己さん

「外遊びをしていると、「あれはなんだ?」と遠くのものが気になることがよくあります。本機は単眼鏡サイズなのでいつもポケットに忍ばせて、気になる時にサッと取り出して確認、そのまま写真や動画が撮れて思い出を残せます。」