2024年の「iPhone 16」シリーズの全機種に「アクションボタン」が搭載されると海外ニュースサイトのMacRumorsが報じています。

↑アクションボタンの普及へ

 

「iPhone 15 ProおよびPro Max」では、本体左側のミュートスイッチをアクションボタンに替えました。このアクションボタンには、サイレントモードだけでなくフラッシュライトやカメラ、ボイスメモなど、さまざまな機能を割り当てることができます。

 

MacRumorsが入手した内部情報によれば、iPhone 16シリーズではアクションボタンが機械式から静電容量式に変更されるとのこと。具体的には圧力の変化を検知するセンサーと「タクトスイッチ機能」が搭載されますが、後者の具体的な内容は不明です。また、アクションボタンと同じ機能を搭載した「キャプチャボタン」もiPhone 16シリーズに搭載されるそう。

 

iPhone 16シリーズでは、異なるサイズのアクションボタンも検討されているといいます。そのうちの一つではiPhone 15 ProおよびPro Maxの物より大きく、ボリュームボタンに近いサイズになっているそう。また、アクションボタンは2025年の発売が予定されている廉価モデル「次期iPhone SE(iPhone SE 4)」にも搭載されるとしています。

 

MacRumorsによれば、これらの計画が変更される可能性は低いものの、最終バージョンのデザインはまだ決定されていないとのこと。iPhone 15から登場したアクションボタンは、今後さらに進化することになりそうです。

 

Source: MacRumors