2024年秋に登場するとみられる「iPhone 16」シリーズには、全モデルとも新たな「キャプチャーボタン」を搭載すると噂されています。アップルの内部情報に詳しい米ブルームバーグのマーク・ガーマン(Mark Gurman)記者は、ビデオ撮影専用ボタンだと説明していたことがあります。

↑次のProモデルは新ボタンを搭載する模様

 

このボタンの存在を裏付けるような、サードパーティ製の「iPhone 16 Pro」用ケースの写真を著名リーカーが公開しました。

 

アップルの未発表製品について数々の正確な予想をしてきたSonny Dickson氏は、「iPhone 16 Pro – 新しいボタン」とコメントした写真を投稿。正面に向かって右下に、これまでのiPhoneにはなかったボタン用の穴がくりぬかれていることを確認できます。

 

このアクセサリーメーカーが新しいキャプチャーボタンの情報をアップル内部から入手したのか、それとも単に噂に基づいて作ってみただけなのかは不明。もっとも、予想CG画像ではなくケースの実物を作ることには大きなコストがかかるため、新ボタンが追加されると強く信じていることは間違いなさそうです。

 

アップル関連情報サイトのMacRumorsは、iPhone 16全モデルに追加されるというキャプチャーボタンについて何度も報じてきました。すなわち写真やビデオを撮影するうえでさまざまな操作ができるものであり、軽く押すとピント合わせ、強く押し込むと撮影といったところです。

 

この新たなボタンは、iPhone 16で横長の動画を撮影するときは上に位置し、シャッターボタンとして指が届きやすい理想的なポジションとなりそうです。

 

現在カメラアプリを開いているときは、音量ボタンがシャッターボタン代わりにできますが、押し込みの強弱には対応していません。

 

現行のiPhone 15シリーズでは、標準モデルのメインカメラも以前の12MPから48MPとなり、画質が飛躍的に向上しています。新たなキャプチャーボタンと合わせれば、iPhone 16全モデルは最高に使いやすい、優秀なデジカメになると期待したいところです。

 

Source: Sonny Dickson(X)
via: MacRumors