「iPad Pro」と「iPad Air」の次期モデルが5月初旬に登場すると、米メディアのブルームバーグのマーク・ガーマン記者が報じています。

↑デビューは5月にお預け?

 

次期iPad ProおよびAirに関しては3月〜4月に登場するとの予測が以前に報じられていました。一方で「次期11インチiPad Pro」は生産が遅れているという、気になる情報も登場しています。

 

ガーマン記者によれば、アップルは現在、次期iPad ProおよびAirの生産を強化しているとのこと。しかし、有機ELディスプレイを搭載した次期iPad Proは「複雑な新しい製造工程」が原因で、生産が遅れていると指摘しているのです。

 

次期iPad Proは本体が大幅に薄くなることで重量が軽量化し、有機ELディスプレイや「M3」チップを搭載すると予測されています。また、ワイヤレス充電にも対応する模様。一方、次期iPad Airでは12.9インチモデルが登場し、「M2」チップの搭載も噂されています。

 

次期iPad ProおよびAirと一緒に「次期Apple Pencil」や「次期Magic Keyboard」のリリースも期待されていますが、5月まで待つしかないかもしれません。

 

Source: Bloomberg via MacRumors