Apple公式パートナーのIncase(インケース)は、最新コレクション「Tracks(トラックス)」の2モデル(18Lおよび25Lサイズ)を2024年5月3日より世界先行発売します。(WEB予約は4月19日より開始)

 

都市と郊外とをシームレスに行き来するスタイルにフィット

Tracksは、”All roads travelled. −どの道も、これひとつで”をテーマに、ヘビーデューティな素材の採用や、使い勝手の優れた収納構造や仕様、スタイルを問わない洗練されたデザイン性で、シチュエーションやスタイルを気にすることなく使えるコレクションです。

 

今回発売した「Tracks Backpack 18L」「Tracks Backpack 25L」は、MacBookや iPadといったデジタル機器を適切に持ち運べる収納構造によって都市生活にコミットするとともに、Incase として初めてコーデュラバリスティックナイロンを本体生地に使用し、行動中も荷物を出し入れしやすい縦型ジップの大型フロントポケットを採用するなど、屋外のフィールドにおける実用性も高めています。Tracksはテレワークやワーケーションなど多様化する働き方や、都市と郊外とをシームレスに行き来するスタイルにフィットし、ユーザーにとって最高の「キャリングソリューション」を提供。

↑「Tracks Backpack 18L」2万4200円(税込)。サイズ:約W29×H44×D14cm

 

↑「Tracks Backpack 25L」3万4650円(税込)。サイズ:約W32×H49×D16cm

 

本体生地には、Incaseとして初めて1680デニールのコーデュラバリスティックナイロンを採用。街の雑踏を通り抜けるときや枝葉が鬱蒼と伸びた森林を通り抜けるとき、荒れた岩肌の上にバッグを置いたときなど、生地に与えるダメージを最小限に留め、長期にわたる使用を可能にします。

↑防弾チョッキに使われるほど耐久性に優れた素材で、引き裂きや摩耗にも強いのが特徴です

 

MacBookやiPad が収まるテックコンパートメントも用意。適切な厚さのクッションを施し、外部からの衝撃によるダメージを低減します。

↑MacBookとiPadをそれぞれ分けて格納できます

 

身体に直接触れるバックパネルおよびショルダーハーネスには、内部に肉厚のクッションを敷いたメッシュ生地を採用。ショルダーハーネスの付け根には、登山用ザックでよく見られるロードリフトストラップを備えています。

↑肩付近に生じるバッグとの隙間を解消でき、荷重を正しく肩に乗せることで余計な疲れが生じません

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】