「ぎふの棚田21選」に選ばれている岐阜県郡上市白鳥町六ノ里の畑ケ谷棚田で、「田んぼアート」が見頃を迎え、郡上八幡にちなんで漫画家さくらももこさんが生んだキャラクター「GJ8マン」が出現した。

 田んぼアートは、棚田保全と地域おこしのイベント「六ノ里棚田にじいろプロジェクト」の一環で実施し、今年10年目。毎年、図柄を変えて挑戦し、今年はさくらももこさんが考案した「GJ8マン」と「はちごろう」を選んだ。

 今年6月、参加した県内外の親子や同プロジェクト主催者、地元の「六の里棚田米生産組合」の有志ら約50人が6アールの田んぼで田植えした。

 6日も棚田で、同プロジェクトの今年2回目のイベント「田鯉のつかみ取り」があり、大勢の親子が参加。田んぼアートにも見入った。