岐阜、滋賀県境の伊吹山(1377メートル)の山頂付近で、シモツケソウが見頃を迎えた。ピンクのかわいらしい花が咲き誇り、登山者らは涼を感じながら散策している。

 伊吹山ドライブウェイによると、お盆すぎごろまで楽しめるという。地元自治体やボランティアなどでつくる「伊吹山を守る自然再生協議会」はシカの食害を防ぐため防護柵を設置し、植物の群落を保護する活動を続けている。

 「山の日」の11日には、伊吹山の標高にちなみ、先着1377人に「夏の伊吹山植物ガイド」を無料配布する。