開園を午後8時半まで延長する「ナイトZOO&GARDEN」が開催されている名古屋市の東山動植物園で、岐阜市のウェブサイト制作会社ドリームオブジャパンが手掛けたプロジェクションマッピングが人気を呼んでいる。

 建物に巨大な映像を投影するプロジェクションマッピングは、開園80周年特別企画として、ホッキョクグマの飼育スペースで公開されている。キリンやゴリラ、ライオンなど園内の動物の映像を約4分間、壁面に投影する。岐阜工業高校(羽島郡笠松町)の生徒が手掛けた動物の顔を立体的に表現した映像も盛り込まれている。

 12日夜は、巨大な"動物"たちが繰り広げる光のショーに、詰め掛けた家族連れらが歓声を上げていた。13、15日も開催される。