岐阜県羽島郡岐南町が4日に行った新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、事前予約をしていた90代女性1人分のワクチンが不足し、接種できなかったことが分かった。町は原因を調べるとともに、5日にこの女性への接種を行う。

 町などによると、町は4、5の両日、同町八剣の町中央公民館で、計480人の要介護認定者向け先行接種を計画。4日は240人の予約を受け付けていたが、「何らかの理由」(町担当者)で1人分不足し、240番目に訪れた女性の接種ができなかった。

 予約超過や重複など、誤接種は確認されていないという。町は不足原因を調査するとともに、再発防止に努める。岐阜新聞社の取材に小島英雄町長は「経緯をよく調査して、早急に対処したい」と語った。