梅雨前線が北上し、上空に暖かく湿った空気が流れ込む影響で、岐阜県内では21日の明け方から夜遅くにかけて、雷を伴った激しい雨が予想される。岐阜地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。  同気象台によると、21日は美濃地方、飛騨地方ともに多い所で1時間に40ミリの雨が降ると予測。同日正午までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で美濃地方、飛騨地方ともに90ミリに達し、その後もさらに増える見込み。  竜巻などの激しい突風、落雷、降ひょうの恐れもあるという。