不二家が11月18日(月)から「飲むカスタードシュークリーム」を発売しています。2012年から不二家の一部店舗で「飲むシュークリーム」を販売していますが、その味わいをチルドタイプで表現したものとのこと。パンケーキにかけるのもオススメとのことで、さっそく買って飲んでみました。

飲むカスタードシュークリーム(180gチルドカップ) | お菓子・ドリンク | 不二家
http://www.fujiya-peko.co.jp/sweets/item/21384.html

飲むカスタードシュークリームのパッケージは180mlの容量のチルドカップ。ペコちゃんのイラストもプリントされています。

北海道産生クリームとマダガスカル産バニラビーンズを使用しているとのこと。

原材料には牛乳・砂糖・卵黄、生クリームなどが確認できます。

カロリーは1本あたり140kcal。

不二家の「卵とミルクのとろ〜りシュークリーム たっぷりカスタード」と比較してみると、パッケージは全く違う雰囲気。

袋の裏面には「卵を贅沢に使用」と書かれているのですが、食べてみると卵の味はそれほど感じられません。クリームには少しざらつく部分がありますが、100円で手軽に買えるシュークリームだと思えば納得。

改めて、「飲むカスタードシュークリーム」を飲んでみます。まずはフタをあけてコップに移し替えようとしたのですが、ドロドロの半固形状なのでうまく流れ出してくれません。

商品名は「飲むカスタードシュークリーム」ですが、シュークリームというよりはプリン飲料っぽい印象です。バニラの香りはしますが、カスタードプリンを牛乳で薄めたような味がして、卵の味はしません。税込168円というのはチルド飲料としてはよくある価格ながらも、すこし高め。プッチンプリンのような味が好きな人は気に入るかも。

「飲むカスタードシュークリーム」はパンケーキにかける食べ方がオススメとのことだったので、パンケーキにかけてみます。

ちょっとグロテスクな見た目になってしまいました。

パンケーキを切って食べてみると、やはりプッチンプリンをホットケーキにかけたような味。飲むカスタードシュークリームを温めてホットケーキにかけて食べると悪くなさそう。

飲むカスタードシュークリームは税込168円。以前販売されていた「飲むシュークリーム」がお気に入りだったという人は味を思い出して飲み比べてみてください。