日本では3世紀の後半頃から、旧暦の1月7日に春の七草を食べる習慣が記されており、枕草子にも七草に関する記述が確認できます。東京の港区にある愛宕神社では、毎年1月7日にだるまを囲み「お焚き上げ」を行い、七草がゆを配布しています。いったいどんな様子になっているか気になったので、実際に行ってみました。

愛宕神社
http://www.atago-jinja.com/

港区の愛宕神社に到着。愛宕神社は京都市右京区に総本社があって、都内だけでも数カ所ありますが、お焚き上げが有名なのは港区にある愛宕神社です。

鳥居の奥には、「出世の石段」と言われる長い階段があります。

写真だと傾斜は分かりづらいのですが45度以上あります。

石段を上り、神社の前に行くまでが一苦労。

頂上が見えてきました。

階段を登り終え、神社の前に到着。

鳥居の奥には、御本社がありますが、現在は屋根銅板葺き替え工事中です。

横から見るとこんな感じで、御本社は完全にビニールシートに覆われています。

石段を登った右側には池があります。

池に近づいてみると……

鯉がいました。

御本社の右横は、御札などを売る社務所になっています。

境内の一角には、お焚き上げに使う御札などが集められていました。

人形や招き猫など、神社から受けていないものはお断りだそうです。

境内を入って左側にあるお焚き上げの会場。30分前だとあまり人は集まっていません。

だるまと御札が規則正しく並べられており、仰々しい感じ。

お焚き上げ用のだるまや破魔矢も用意されていました。

そうこうしているうちに御本社の前にも……

お焚き上げの前にも人が集まってきました。

社務所の前には、七草がゆを配る配膳台が用意されました。

お焚き上げを行う神職の方が出てきました。

お焚き上げの場所まで歩いていき、だるまの前で火を持って立っています。

車いすに乗った神主らしき人もいました。

神職の人が大麻(おおぬさ)を振った後に……

巫女が火を付けます。

御札に火が付き、燃え上がる炎。

さらに、願木(がんぎ)と言われる願いごとが書かれた木を炎の中に投げ入れます。

激しさを増す炎

お焚き上げの様子は以下のムービーから確認できます。

愛宕神社の「お焚き上げ」の様子 - YouTube

神職が刀を振り、儀式は終了。

一通りの儀式が終わり、七草がゆが振る舞われます。

配膳台の前には、長い行列ができていました。

七草がゆを受け取ると行列からはけるので、待ち時間は意外に少なめ。

七草がゆと一緒に……

ふりかけも貰えます。

七草がゆにはせり・なずな(ぺんぺん草)・ごぎょう(母子草)・はこべ・ほとけのざ・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)が入っているはずですが、1つ1つの区別はつきませんでした。

振る舞われた七草がゆには、緑色の七草が確認出来ます。

味は塩気や出汁の味をほとんど感じず、野菜の味もほとんどしない、まさに素のおかゆの味。かぶや大根のような甘味は微かに感じることができました。

愛宕神社は石段を昇るのがかなり大変な場所にありますが、お焚き上げの様子は独特なので、多くの人が写真を撮影しに来ていました。だるまで囲んだお焚き上げの様子は一見の価値ありです。