NASAがJAXAやその他国際機関と共同で行っているミッションが「全球降水観測計画(GPM)」で、このミッションでは12個の衛星ネットワークを駆使して大気中の降水観測を行っています。この観測データをもとに、世界中の降水・降雪に関するデータを30分ごとに見られるムービー「NASA | First Global Rainfall and Snowfall Map from New Mission」をNASAが公開しています。

NASA | First Global Rainfall and Snowfall Map from New Mission - YouTube

GPMでは全世界の30分ごとの降水量を観測しています。

GPMでは降水量観測用のマルチ衛星により、縦横10キロメートル四方の高解像度データを撮影可能。

黄緑色・黄色・オレンジ色・赤色のグラデーションで表現されているのが雨で、色が降水量を表します。例えば黄緑色なら降水量は1時間に0.1〜0.5mm程度で黄色なら0.5〜1.0mm、オレンジなら1.0mm〜3.0mm、赤で3.0mm〜50mmといった感じ。

雲は表示されないようになっていますが、大きな雨の塊を追うと、どんな風に移動していくかが分かります。

大西洋にできた、グルリと渦をまく雨の塊。

時間は変わって2014年6月9日の降水データが登場。6月なので、北半球は夏、南半球は冬。

少しアップで見てみると、画面下部に赤枠部分にある青色は、宇宙から観測している情報をもとに「ここでは雪が降ってるだろう」とアルゴリズムを駆使して予測し、表示させたもの。つまりは雪が降っているであろう場所が青色で表されます。

南極海付近では雨が西から東に渦を巻きながら動いています。これは、南極海には小さな島が点在し、これに風がぶつかって竜巻となるから、とのこと。

赤道近くの熱帯地方では、雨が東から西に移動しています。これはいわゆる熱帯の対流活動というものだそう。


地球上で降る雨の様子を見ていると、雨はかなり長い距離を移動しながら、降水量を増やしたり減らしたりしていることが分かります。日本の場合はユーラシア大陸から雨が流れてくることが多く、ヨーロッパや中東辺りから中国経由で雨が流れてきたり、東南アジア付近から北東に雨が進んでくる場合が多いようです。