ロサンゼルス近郊にある「犯罪者専用の秘密の病院」を舞台としたアクション・スリラー映画「Hotel Artemis(ホテル・アルテミス)」の予告編が公開されました。「アイアンマン3」「GODZILLA ゴジラ」「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」で脚本を担当したドリュー・ピアースの初監督作品で、主演は「告発の行方」「羊たちの沈黙」でアカデミー主演女優賞を2度獲得しているジョディ・フォスターです。

Hotel Artemis | Official Trailer [HD] | Global Road - YouTube

作品の舞台は2028年のロサンゼルス。

武装強盗団の1人、ワイキキ。

人質の中の1人が胸ポケットに挿していたペンが気になり……

抗議を無視して奪い取ります。

しかし、残念ながら逃走前に見つかってしまって追撃を受け、ケガを負ってしまいます。

電話を入れた先は「ナース」のところ。

薄暗い建物の地下にケガしたワイキキたちが到着。

ここは「ホテル・アルテミス」、犯罪者専用の病院です。

「都市伝説かと思ってた……」

「もう22年やってる」とナース

そして「この病院は『信頼』と『規則』で成り立っている」と語ります


規則の1つが「スタッフを侮辱しないこと」

「バッジが見えるか?『医療従事者』って意味だ」

「武器禁止」

なんといっても犯罪者専用なので、武器を隠し持ってくるヤツが少なからずいます。

「他の患者を殺さないこと」

問題は、ワイキキが盗んだペンがポータブル金庫だったことです。その価値は実に19億円以上。

しかも持ち主は「ウルフ・キング」と呼ばれる実力者でした……。

「それは問題ね」

金庫を取り戻しにやってきたウルフ・キングですが、ナースは規則を盾にゲートを開けません。

一方、ワイキキは3Dプリンターで銃を作っていました


ワイキキたちとウルフ・キングの戦いはもはや不可避。



果たしてこの争奪戦の結末はどうなるのか。「ホテル・アルテミス」はイギリスでは2018年7月20日(金)公開。日本での公開予定は記事作成時点では不明です。