トロント大学に拠点を置くシチズン・ラボが、カナダの企業・Netsweeperのインターネットフィルタリング技術についての調査結果を発表しました。これによれば、技術は30カ国で導入されており、そのうち10カ国では全国レベルの「ネット検閲」に利用されていたとのこと。

Planet Netsweeper: Executive Summary
https://citizenlab.ca/2018/04/planet-netsweeper/

To censor the internet, 10 countries use Canadian filtering technology, researchers say | CBC News
http://www.cbc.ca/news/technology/citizen-lab-netsweeper-internet-filtering-tech-censorship-1.4631243

Netsweeperの技術がどの国で導入されているのかは明かされていませんが、シチズン・ラボでは公に利用可能なIPアドレスのスキャンやネットワーク測定データの確認などを行い、30カ国での導入を確認。さらなるデータを活用して、ISPが全国レベルでフィルタリングを実施している国がアフガニスタン、バーレーン、インド、クウェート、パキスタン、カタール、ソマリア、スーダン、アラブ首長国連邦(UAE)、イエメンの10カ国あることを確認しました。

シチズン・ラボが制作した以下の地図で、茶色で塗られているのがNetsweeperの導入が確認された国。赤色で塗られているのはNetsweeperが重要な役割を果たしている10カ国。

ブロックされている事例の一部としては以下のようなものが挙げられています。

・クウェート:中絶、性教育、アルコール
・バーレーン:政治、人権団体、Googleの「ゲイ」「レズビアン」の検索結果
・UAE:政治、人権団体、グリーンピース(環境保護団体)、ニュース、LGBTQ+
・イエメン:政治的な敵対勢力、敵性的ニュース、ネットのプライバシーツール
・インド:アルジャジーラ、デイリー・テレグラフ、YouTubeの一部、Facebook、Twitterアカウント

シチズン・ラボでは、国内企業の開発したサービスが海外で人権侵害やプライバシー侵害に用いられていることについて、カナダ政府に問題解決の義務があるのではないかと問いかけています。

Netsweeperではシチズン・ラボの調査に対して、あくまでNetsweeperは社会を安全にするために努力しており、クライアントの圧倒的多数は子どもを労働搾取から守ろうとしている政府、および政府機関であるという声明を発表しています。

Media Release: Netsweeper responds to media enquiries regarding international operations
(PDFファイル)https://citizenlab.ca/wp-content/uploads/2018/04/Media-Release-Netsweeper-23-Apr-2018.pdf

なお、シチズン・ラボでは全データセットをGitHubで公開しているので、誰でもデータの内容を確認することが可能です。

GitHub - citizenlab/planetnetsweeper: Supporting data for Citizen Lab Planet Netsweeper Report
https://github.com/citizenlab/planetnetsweeper

Photo by Bench Accounting