飛行機が頭上すれすれを飛んでいくセント・マーチンの次はプエルトリコに行くことになった「ドメイン島巡り」。よく見かける「.cc」や「.tv」など島のドメイン約50種類に焦点をあて続ける果てに、インターリンクは何を見いだしてしまうのでしょうか?

◆プエルトリコとは
プエルトリコはカリブ海北東にあり、現在はアメリカ合衆国の自治連邦区となっている島。 スペイン語で「プエルト(Puerto)」は「港」、「リコ(Rico)」は「豊か」を意味しており、1493年11月19日にクリストファー・コロンブスが訪れた際に「なんて豊かな港なんだ!」と叫んだことに由来すると言われています。

◆鮮やかな古都へようこそ
プエルトリコの最大都市であり政庁所在地でもある「サン・フアン」ですが、その中でも「ビエホ・サン・フアン(旧市街)」には16世紀頃の建造物が今でも残っているとのこと。旧市街に到着すると、気温は30℃ほどで、日差しがとても強いです。

建物を見ると、確かに普通の家屋にもどこか歴史を感じます。コロニアル様式で可愛らしく、外壁の色合いと空のコントラストも良いため、どこでもきれいな写真が撮影できそう。

続いて、「La Puerta de la Bandera(旗の門)」と呼ばれている場所へ移動。以下の画像は地元のアーティストによって空き家の壁に描かれた近代アートで、現在はサン・フアンの中でも有数のインスタ映えスポットになっています。

ユネスコの世界遺産に指定されている旧市街の歴史ある街並みは、無料トロリーバスで観光することが可能。

以下から「RICOH THETA V」で撮影した360°天球画像で旧市街の風景を見ることができます。


◆天空に浮かぶアレシボ天文台で宇宙からの返信を待つ
プエルトリコ郊外に「ものすごく大きな望遠鏡のある天文台がある」と聞いたので、サン・フアンからタクシーで行ってみることにします。

約1時間でアレシボという街に到着。アレシボから天文台までは下道で向かうとのことなのですが、車1台がようやく通れる程の狭い道で、完全に道に迷ってしまいます。

そこでタイミング良くピックアップトラックに乗った地元の男性に遭遇し、事情を説明すると先導してくれることに。無事に正しい道に戻ることができました。

しばらくすると、警備員が立つ物々しいゲートが見えました。ゲート付近は撮影許可がおりませんでしたが、施設に入ることはできました。看板には、大人は12ドル(記事制作時点のレートで約1351円)、子供やシニアは8ドル(記事制作時点のレートで約901円)というように入場料や説明が書かれています。

道中には、「携帯電話は使わないでください」と注意する看板

「建物内に食べ物や飲み物は持ち込み不可」という看板

「楽しんでね!」という看板もありました。

長い階段と坂道を進み……

覚悟を決めて登っていくと、目の前に巨大な建造物がチラリ。

巨大な建造物は屈強なワイヤー18本に支えられて天空に浮いています。以下の画像はそのうちの5本。

というわけで、「アレシボ天文台」のビジターセンターに到着。

2016年に中国の500メートル球面電波望遠鏡(FAST)が完成したことにより世界最大の地位からは降りることになりましたが、アレシボ天文台は1963年に建造されてから2016年まで、「世界最大の電波望遠鏡」として知られていました。

さっそくビジターセンターに入っていきます。入館料は12ドル(記事制作時点のレートで約1351円)。


ビジターセンターは2階建てで、シアターまで完備されています。

ここでは、アレシボ天文台で研究されてきた内容や、物理などに関係する展示が楽しめます。

外へ出てみると、太いワイヤーに吊るされている建造物が見えました。

これがアレシボ天文台の電波望遠鏡。先ほどワイヤーにつるされていた巨大な建造物がこの望遠鏡です。ちなみに、地上から約150メートルの高さにつるされているとのこと。

ズームしてみると、世界最大級というのも納得の迫力。ちなみに、アレシボ天文台は「007 ゴールデンアイ」や「Xファイル(シーズン2)」などの撮影地になっていました。

電波望遠鏡の下にある反射鏡は経年劣化からか汚れが目立ちます。

アレシボ天文台は「Xファイル」に「アレシボ天文台にて地球外生命体からの信号を受信した」という設定で登場。その理由は、この「アレシボ・メッセージ」。一見ドット絵のように見えますが、当時の地球の人口などの情報が含まれている電波メッセージになっています。アレシボ・メッセージは地球外知的生命体探査として、1974年に2万5000光年の距離にある「M13」という天体に向けてアレシボ天文台から送信されました。

しかし、M13にメッセージが届くまでには2万5000年かかることもあり、まだ宇宙からの返信はないとのこと。施設は老朽化が進行しているものの、アレシボ天文台は宇宙人からの返信を今でも待っていることが分かりました。

はるばるアレシボ天文台までやってきたので、電波望遠鏡を見ながら軽食を取ることにします。

ホットドッグの上に豪快にフライドポテトを乗せたアレシボ流ホットドッグは、1本で1ドル75セント(記事制作時点のレートで約197円)。

センター内にはアイススケーター気分を味わえる遊具もありますが、とても酔うので体験するなら食事前にするのがオススメ。

なお、ビジターセンターには「ギャラクシー・ショップ」というおみやげ屋が併設されています。

ここでしか手に入らないであろうグッズが並んでいるので、訪れた際は要チェック。

実はアレシボ天文台は2011年に閉鎖される予定でした。2007年11月に、2008年から年間予算が1050万ドルから800万ドルまで削減されることと同時に、閉鎖予定についても発表されています。しかし、運営がSRIインターナショナルを中心とした体制に変わったことで閉鎖を免れました。しかし、2017年4月に年間予算800万ドルが200万ドルまで削減されると報道されることに。

2018年2月に、フロリダ州立セントラルフロリダ大学(UCF)が「NSFとの間で運用管理の引き継ぎについて交渉中であり、2018年4月1日から2015万ドル(約21億5000万円)の資金とともに以後5年以上にわたる運用を開始する予定」だと発表したため、5年以上存続することは決まっていますが、私たちが現地を訪れた際は、日本人はおろか観光客自体がほとんどいない状況でした。宇宙から返信があればより長く存続されるはずなので、もしこれを読んでいる地球外知的生命体のみなさんがいるのであれば、なるべく早めに返信してあげてください。

以下から、360°天球画像で空中に浮かぶアレシボ天文台を見ることができます。


◆モフォンゴは100以上の味を持つ料理
プエルトリコには、「モフォンゴ」という料理があります。一般的には、調理用バナナを揚げてから潰し、香辛料を加えて円形に固めたものを指します。しかし、提供するお店によって味付けなどが異なるため、100軒のお店があれば、その数だけの味があると言っても過言ではありません。今回はチラシを見て衝撃を受けた「Raíces」というお店のモフォンゴを食べに行きます。

店内は映画のセットのような作り。

モフォンゴはアフリカからの移民たちが持ち込んだ料理がルーツだということで、その背景が描かれているようです。

さっそく注文します。グランドメニューには目当てのモフォンゴが載っていなかったので、店員さんに写真を見せて注文完了。まずやってきたのは、お通しのバナナチップス。調理用バナナのため甘くなく、にんにくを効かせたソースにディップして食べます。食べてみると、湿気たポテトチップスのような感じ。

それから数分後、目当ての「牛肉とエビのモフォンゴ」が到着しました。価格は30ドル(記事制作時点のレートで約3379円)です。

牛ハラミのステーキの中にモフォンゴが詰まっており、マッシュルームと玉ねぎを炒めた濃厚なソースと共に食べると相性が抜群です。その上にのっているエビもプリプリで、1つのプレートで様々な食感が味わえます。

プエルトリコではモフォンゴを食べる機会が多かったのですが、このお店のモフォンゴは格別でした。見た目のインパクトだけではなくボリュームもあるので、少食の方は注意してください。

◆サーカス風のお祭り
食事後、街中の広場にサーカスが来るという情報をキャッチしたので、早速移動することにしました。お目当ての広場に到着すると、もう夕暮れ。すでにたくさんの観客が集まっていました。

以下から、サーカスを見るために集まる大勢の人たちの様子を360°天球画像で見ることができます。


メインイベントが始まる頃にはすっかり夜になっていました。まずは、2人のお客さんに楽器を渡しています。

これは、お客さんが楽器を鳴らすという参加型の演目です。音楽に合せ、頭の上にベルを載せたサーカスの男性がお客さんへ合図を出しています。ラテン式のリズムネタに、広場は大爆笑。

クマがバイクを乗り回したり、ゾウに踏みつけられそうになったり、固唾をのんで綱渡りを見守ったり、というようなスリル満点の演目はありませんでしたが、「地元の人が集まるサーカス風のお祭り」と言った感じでこれはこれでアリ。予想していたものとは違いましたが、ガイドブックに載っていない地元体験を堪能しました。

サーカスの様子は、以下のムービーを見れば一発で分かります。

ナイト・サーカス(ビエホ・サン・フアン) - YouTube

「プエルトリコに来たら夜も楽しまなきゃ!」とにこやかに話してくれたのはCirco Fest(サーカス)の団長さんです。

◆カクテル「ピニャ・コラーダ」発祥のお店発見
「ピニャ・コラーダ」というカクテルは、ラム酒をベースに、ココナッツ・ミルク とパイナップル・ジュースを混ぜて作ります。口当たりも良く、とてもフルーティーな味わいで、男女問わずファンが多いカクテルです。そんなピニャ・コラーダの発祥地は実はプエルトリコなのです。このお店が正真正銘、本家の「Barrachina」。

お店の外には、本家だということを示すプレートがあります。

席に通されて、まず目に入ったのはドリンクサーバー。なんと、中身はすべてピニャ・コラーダ。

注文したピニャ・コラーダが到着しました。価格は7ドル(記事制作時点のレートで約788円)。トロピカルなパラソルと沈んだチェリーで見た目が可愛らしいです。飲んでみると、適度なフローズン状態になっているので、体に溜め込んだすべての熱を一瞬で冷ましてくれました。ラム酒抜きにすることもできるので、アルコールが苦手な方やお子様も安心して味わえます。

実は、モフォンゴを食べたRaícesのウェルカムドリンクもピニャ・コラーダでした。

◆ICANNへようこそ!
2018年3月10日〜15日、ICANNの第61回目の会議がプエルトリコにて開催されました。会場は旧市街にも近い「プエルトリコ コンベンションセンター」の、約1万7000人を収容できるエキシビションホール。

開会式でスピーチをしているのは、ICANNのCEOであるヨーラン・マービー氏。

各国のインターネット事業者が集まっているため、会場内には同時通訳ブースがあります。いくつかの言語で会議を聞くことができますが、残念なことに日本語はありませんでした。

しばらくすると、プエルトリコの紹介として伝統的なサルサの披露が始まり、会場が一気に華やかなムードに。

開会式の後は、決められたプログラムに沿って5日間の会議が行われます。

1日中会議をしているわけではなく、午前中と午後に1回、コーヒーブレイクの時間があります。飲み物のコーナーはこんな感じ。

軽食のコーナーには果物やお菓子が並んでいます。海外のカンファレンスではこうしたコーヒーブレイクがよく行われています。

空き時間は宿泊先に戻る人やスポンサーブースを見に行く人などさまざまで、かなり自由でした。


◆プエルトリコのドメイン「.pr」のブースへ
プエルトリコのドメイン(ccTLD)は「.pr」「biz.pr」「com.pr」などいくつかの種類があります。今回はICANN61のホストを務めた「.pr」レジストリのブースに行ってきました。

ブース担当のお二人。ドメインについて話していると、後ろから笑顔がすてきな男性が登場。

なんと、「.pr」レジストリ副社長のパブロ・ロドリゲスさんでした。「『.pr』ドメインの料金は高く設定されていますが、スパムで使われることも少なく安全なドメインですよ!」とのこと。ちなみに、ゴンベエドメインでは「.pr」を1年間税込み16万2000円で提供中です。また、東日本大震災の際は、インフラに被害を受けた日本のユーザーに対する救済措置として、「.pr」ドメイン失効防止のために更新期限の延長をおこなった話も聞くことができました。

1989年に施行された「.pr」は、2019年に30周年を迎えます。PR(public relations)をアピールするドメインとしても使われる「.pr」なので、どんなPRになるのか楽しみです。

プエルトリコまでのアクセスはこちら

プエルトリコのドメイン「.pr」はこちら

(文・写真:インターリンク https://www.interlink.or.jp/
ドメイン島巡り http://islanddomains.earth/)