2018年12月6日(木)の午後1時39分から午後6時4分にかけて、日本全国でソフトバンクおよびワイモバイルの4G携帯電話サービス、固定電話サービスである「おうちのでんわ」、そして一部地域において家庭用Wi-Fiの「SoftBank Air」が利用できなくなるという大規模な通信障害が発生しました。ソフトバンクは今回発生した障害の原因について、「エリクソン製パケット交換機のソフトウェアに問題が発生したため」と公表しました。

2018年12月6日に発生した携帯電話サービスの通信障害に関するおわび | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20181206_02/

Update on software issue impacting certain customers
https://www.ericsson.com/en/press-releases/2018/12/update-on-software-issue-impacting-certain-customers

ソフトバンクによると、問題が発生したのは全国の顧客のパケットをカバーする東京センターおよび大阪センターに配置してある、スウェーデンの通信機器メーカー・エリクソン製パケット交換機全台数。2018年12月6日午後1時39分ごろに同時多発的なソフトウェア障害が発生し、全国のソフトバンク機器に影響が出たとのこと。

パケット交換機のソフトウェアは9カ月前から運用していたそうですが、これまでのところ異常はなかったそうです。同ソフトウェアによる障害は日本のみで発生したわけではなく、イギリスの大手携帯電話会社O2をはじめとして、エリクソン製の通信設備を使用する日本以外の全11カ国でも同様の障害が発生しているとエリクソンは報告しています。

ソフトバンクは早急に対応を行い、ソフトウェアを旧バージョンに戻すことで通信障害を復旧させました。今後はエリクソンと共同し、徹底した再発防止に取り組んでいくとソフトバンクは表明しています。


一方でエリクソンも公式サイト上で、多くの国々で同時に発生したソフトウェア障害について説明しています。障害発生後にエリクソンは問題の原因について特定作業を行い、コアネットワーク内のノードで問題を発見しました。問題を分析したところ、通信障害が発生した顧客がインストールしていたソフトウェアにおいて、証明書の期限切れが確認されたとのこと。

エリクソンの社長兼CEOであるBörje Ekholm氏は、「今回の問題を引き起こした欠陥のあるソフトウェアは直ちに使用が中止される見込みです。通信障害の被害を受けた顧客およびそのユーザーに対して謝罪します」と述べ、いまだに復旧が完了していない一部顧客へのサポートに尽力するとしました。

Photo by Inzmam Khan