今やほしいものはインターネット上で何でも買える時代となりつつありますが、「eコマース」、いわゆるネットショッピングは、アメリカだと「飲酒後のネットショッピング」だけで480億ドル(約5兆3000億円)もの市場規模であることが最新の調査により明らかになっています。

Drunk shopping is a $48B industry. Here's what people are buying.
https://thehustle.co/drunk-shopping-survey

海外メディアのThe Hustleが、日常的にアルコールをたしなむ2000人以上のアメリカ人に対して調査を実施したところ、ネットショッピングのうち「飲酒後に行われたもの」だけでも推定で480億ドル(約5兆3000億円)もの市場規模であることが明らかになっています。

調査によると、アルコールをたしなむアメリカ人の79%が飲酒後に1度以上ネットショッピングで買い物したことがあると回答しています。また、酔っ払い1人当たりの平均年間支出(飲酒後のネットショッピングによる支出)は444ドル(約4万9000円)と試算しています。飲酒時に最も多く購入されているのが「洋服」および「靴」で、Amazonは酔っ払いに最も頻繁に使用されているプラットフォームだそうです。

以下のグラフは「飲酒時にネットショッピングした経験があるかどうか?」を示したもの。全体平均は79%、男性平均は78%、女性平均は80%、収入が多くなればなるほど「飲酒時のネットショッピング」経験の割合が高くなっていることがわかります。なお、アメリカのアルコールをたしなむ人口の79%は1億900万人という数字になるそうです。

以下のグラフは職種別に「飲酒時にネットショッピングした経験があるかどうか?」の割合を示したもの。経験が多い順にスポーツ(94%)、運送業(92%)、石油エネルギー(91%)、リクルート(87%)、マーケティング(86%)。経験が少ない順に執筆(60%)、芸術(64%)、教育(68%)、エンジニアリング(68%)、小売(70%)です。

飲酒時にネットショッピングした際、どういった種類のお酒を飲んでいたのかを示すのが以下のグラフ。最も多いのがビール(34%)で、次にワイン(29%)、そのほかウイスキー(17%)、ウォッカ(10%)、ジン(4%)、テキーラ(3%)、ラム(3%)となっています。なお、男性の45%がビールを好んでおり、女性の50%がワインを好んでいるそうです。

「飲酒時のネットショッピング経験者」(下)と「飲酒時のネットショッピング未経験者」(上)の1週間の飲酒量を比べたのが以下のグラフ。「飲酒時のネットショッピング未経験者」は週に平均で5本程度しかアルコールを飲まないのに対して、「飲酒時のネットショッピング経験者」は週平均で10本もお酒を飲むそうで、飲酒時のネットショッピング経験者の方が「飲んべえ」の割合が多いことがわかります。

以下のグラフは「飲酒時のネットショッピングで年間どの程度お金を使ったか?」を示したもの。全体平均は444ドル(約4万9000円)で、男性平均は448ドル(約4万9000円)、女性平均は441ドル(約4万8000円)です。アメリカのアルコールをたしなむ人口の79%は1億900万人という数字になるので、「飲酒時のネットショッピング」という市場は年間484億ドル(約5兆3000億円)と推定されています。

以下のグラフは職種別に「飲酒時のネットショッピングで年間どの程度お金を使ったか?」の割合を示したもの。年間の支出が多い順にファッション(949ドル:約10万円)、執筆(808ドル:約8万9000円)、医薬(718ドル:約7万9000円)、フィットネス(681ドル:約7万5000円)、ライフコーチング(644ドル:約7万1000円)。反対に年間の支出が少ないのは、小売(294ドル:約3万2000円)、バイオ工学(298ドル:約3万3000円)、航空宇宙(302ドル:約3万3000円)、エンジニアリング(311ドル:約3万4000円)、政府(325ドル:約3万6000円)です。

「飲酒時のネットショッピングで年間どの程度お金を使ったか?」の平均値を州別に示したのが以下の図。東海岸側の州の平均支出が特に高く、内陸部の州は支出が少なめであることがわかります。なお、飲酒時のネットショッピングでの平均年間支出が最も多かったのはケンタッキー州で、742ドル(約8万2000円)です。

飲酒時のネットショッピングで最も頻繁に使用されているプラットフォームはAmazon(85%)で、以下eBay(21%)、Etsy(12%)、Target(9%)、ウォルマート(5%)の順に続きます。

飲酒時のネットショッピングで購入されている商品のカテゴリは、多い順に衣類(66%)、映画(47%)、ゲーム(47%)、テック(46%)、食べ物(36%)、イベント(34%)、本(30%)、家庭用品(30%)、旅行(30%)、スポーツ(25%)、コスメ(12%)、ソフトウェア(7%)です。

なお、The Hustleが読者に対して「飲酒時のネットショッピングで購入した奇妙なもの」を尋ねたところ、「10フィート(約3メートル)の新鮮な竹」や「第二次世界大戦時代の銃剣」、「搾乳器(男性なのに)」、「元NBAのスター選手であるOlden Polyniceの足から取り除かれた破片」、「2200ドル(約24万円)の暗視ゴーグル」などが挙げられています。

一番左の円グラフは「飲酒時にネットショッピングで衝動買いが増えたかどうか?」を示したもの。実に85%もの人々が衝動買いが増えたと回答しています。真ん中のグラフは「飲酒時のネットショッピングに後悔した経験があるか?」を示すものですが、後悔したと回答したのはわずか6%のみ。一番右のグラフは「飲酒時のネットショッピングで購入したものを返品したことがあるか?」を示すもので、20%が返品経験ありと回答しています。

Photo by xandtor