AppleがWWDC 2019の中で、Apple Watch向けOSの最新版となる「watchOS 6」を発表しました。新しいウォッチフェイスのほか、Apple Watch向けApp Storeがついに登場することが明かされています。

Apple Events - Apple Special Events - Apple
https://www.apple.com/apple-events/

ここからはApple Watch向けOSの最新版となるwatchOS 6について。


新しいウォッチフェイスが複数登場します。



新しいアプリも続々登場。

プリインストールされているアプリにはオーディオブック・ボイスメモ・電卓が追加されます。

電卓では割り勘計算も可能。

watchOS単独で動作する独立アプリ向けに……

Extended Runtime APIもサポート。

Apple Watch向けのApp Storeも登場。

Apple Watchから専用のApp Store経由でアプリを入手可能に。iPhoneを操作せずにアプリのインストールが可能になるというわけ。

ヘルス&フィットネスについて。


ヘルスケア分野ではユーザーの「耳」の健康に気を遣った、周囲の騒音レベルを感知できる機能が登場。

ウォッチフェイスにも追加可能で、文字盤を見るだけで周囲の音の大きさが測れます。

もちろん音量を検知しているだけで、音声をそのまま録音しているわけではありません。「Appleはあなたの音声を録音したり保存したりしません」と念入りにアピール。

女性の生理周期を管理できるサイクルトラッキングアプリも登場


もちろんiPhoneと連携して健康管理が行えるようになります。

ウォッチフェイス上で騒音レベルを検知するデモンストレーション。

Apple Watchだけで手軽にボイスメモを保存するデモンストレーションも行われました。

中国語を学ぶアプリや……


メジャーリーグ公式アプリなどのデモも行われ、App Store開設に合わせて登場予定のさまざまな新しいApple Watchアプリがアピールされました。

なお、watchOS 6で追加される新機能の一覧は以下の通り。

・つづき
iPhone向け最新OS「iOS 13」が発表、ついにダークモードがiPhoneにも登場 - GIGAZINE