Facebookが2019年6月中にも独自の暗号通貨を打ち出す予定だということが明らかになりました。報道によると、新しい暗号通貨はFacebookが運営するSNSアプリを通じて支払いや取引、通常の通貨への交換などができるとのことです。

Facebook Plans Outside Foundation to Govern Cryptocurrency ? The Information
https://www.theinformation.com/articles/facebook-plans-outside-foundation-to-govern-cryptocurrency?

Report: Facebook plans to create independent foundation to manage its cryptocurrency; will charge members $10M licensing fees for right to operate node - The Block
https://www.theblockcrypto.com/tiny/report-facebook-plans-to-create-independent-foundation-to-manage-its-cryptocurrency-will-charge-members-10m-licensing-fees-for-right-to-operate-node/

Facebook cryptocurrency coming in June: report
https://www.cnbc.com/2019/06/05/facebook-cryptocurrency-coming-in-june-report.html

Facebookは2018年5月にPayPalの元社長デビッド・マーカス氏をブロックチェーン技術に関する研究プロジェクトチームのリーダーに任命したと報じられており、このころから本格的に暗号通貨への参入を模索していたものと見られています。2018年5月当時、マーカス氏はアメリカの大手暗号通貨取引所Coinbaseの取締役も兼務していましたが、2018年8月にはFacebookのブロックチェーン事業に注力するためCoinbaseの取締役を辞任していました。


Facebook独自の暗号通貨は、Facebookが運営するSNSアプリのFacebook・Messenger・WhatsAppなどを通じて支払いや取引などの決済を行うことができるほか、通常の通貨と交換することも可能になる見通しです。また、ATMのような物理的な機器の導入も計画されているとのこと。ユーザーは原則として取引手数料を負担する必要はないそうですが、金融機関などのサードパーティー企業がFacebookの暗号通貨を取り扱う「ノード」として参入する際は1000万ドル(約10億8000万円)のライセンス料をFacebookに支払う必要があるとのことで、Facebookは100社のノードから10億ドル(約1080億円)の収入を得られると見込んでいると報じられています。

かねてから「FacebookのザッカーバーグCEOは2020年をめどに『GlobalCoin』という暗号通貨を打ち出す予定だ」と報道されており、この「GlobalCoin」が今回Facebookが公表する暗号通貨だという見方が大勢を占めているようです。一方で、2019年5月には暗号通貨を扱う税務会社から極秘裏に「Libra」という商標を取得したことも明らかになっており、この「Libra」がFacebookの暗号通貨プロジェクトの名称だとの情報もあります。

海外メディアThe Informationの報道によると、Facebookは早ければ2019年6月中に新たな暗号通貨の詳細について明らかにするとのことです。
Photo by Trending Topics 2019