明日2/2(金)から配信がスタートするドラマ『パーフェクトプロポーズ』で主演を務める金子隼也さんと野村康太さんが登場。彼らの魅力、そして作品の魅力を紐解いていきます!

金子隼也さん[左]、野村康太さん[右]

――今回主演に抜擢されたときの気持ちを教えてください。
渡 浩国役・金子隼也さん(以下敬称略):驚きが大きかったですが、それと共に些細な心情の変化をどう表現していくかという部分にプレッシャーも感じました。でも、初めて主演として作品に携わることに楽しみな気持ちもあり、いろいろな感情がありました。

深谷甲斐役・野村康太さん(以下敬称略):本当にびっくりしました。正直、こんな経験の浅い僕で大丈夫なのかなという不安もありましたが、主演だと出番が多くて現場にたくさん行けるのは楽しみでもありました。

――実際にクランクインしてからはどうでしたか?

金子:緊張していたんですけど、現場では監督やスタッフさんが温かくて、そのおかげですごくのびのびと撮影に臨むことができました。

野村:僕はすごく緊張しいなタイプで、いつも最初はガチガチになっちゃうんです。でも今回は金子さんもおっしゃっているように現場の雰囲気が本当に温かくて。浩国と甲斐の空気感もすごく良くて、リラックスして甲斐を演じられたかなと思っています。

――今回は漫画が原作の作品ですが、演じる上で意識したことはありますか?

金子:原作を何回も読みました。ただ、ドラマの台本もあるので、まずは目の前の台本に向き合い、

原作は自分の中で浩国を作り上げていく要素の1つだと考えていました。

野村:僕は原作と台本の甲斐から感じるものを両方大事にしながら演じることを心掛けました。

――自分と演じた役に似ている部分や共感できることはありましたか?

野村:甲斐と僕の性格はだいぶ違いますが、感情をストレートに伝えるという部分は似ているかなと。

金子:僕はなんとなく雰囲気が浩国と似ていると思っていたので、ベースは作りやすかったです。

――お互いの役としての印象は?
金子:野村くんはビジュアルや佇まいが、原作を読んだ時に感じた甲斐のイメージに近かったので、ピッタリな人だなと思いました。初めて本読みでお会いした時は、こんなにスタイルの良い19歳っているんだという驚きがありました(笑)。
野村:金子さんも浩国も本当に優しくて、柔らかい雰囲気がすごく似ているなと思いました。撮影中もたくさんリードしていただきました。

――撮影中、おふたりはどんな距離感でしたか?

野村:撮影中はずっと隣で、ほぼくっついて座ってましたよね?(笑)
金子:うん。隣にいて、ずっと喋っていました。基本的にプライベートの話をしてることの方が多かったです。趣味の話とか、美味しいお店を教え合ったりとか。まだ2人でご飯に行けていないので、絶対に行きたいなと思っています。
野村:お誘い待っています!

――では最後に、ドラマの中で楽しんでいただきたいポイントをお願いします。

金子:浩国が甲斐に惹かれていく心情の変化にぜひ注目していただきたいです。また、食事もテーマの1つで、美味しそうなご飯がたくさん出てくるのでそちらも楽しんでいただけたらうれしいです。

野村:甲斐と浩国の徐々に変化していく心情や関係性を温かく見守っていただけたらと思っています。また、ドラマならではの2人の新しい一面を見ることができると思うので、僕はそこにも注目していただきたいです!


お互いのことやドラマにちなんだことを一問一答!

Q. 相手のパーフェクトだと思うところは?
金子:
筋肉!
野村:家事能力。


Q. お互いの意外な一面は?
金子:
意外とマイペース。
テキパキ動いてそうなイメージですけど、結構のんびり屋さんです。(笑)あと、どこでも寝られるところが羨ましいなと思っています。

野村:お茶目!
第一印象は静かで大人しい人だったんですが、仲良くなったらすごくお茶目で明るくて、よく笑う人だなと思います。

Q. お互いを料理や食材に例えたら?
金子:
鶏むね肉(笑)。
筋肉のイメージが強いので。


野村:きゅうり。
金子さんはきゅうりが好きなので。


Q. 今後2人でやりたいことは?
金子:
一緒にお酒を飲みたいです。あと、一緒にサウナに行きたい。
野村:僕も一緒にサウナに行きたい。


Q. パーフェクトだと思う休日の過ごし方は?
金子:
1日家で過ごします。
連休があったら1日は外に出るかもしれませんが、仕事の前日は基本家で過ごしたい派です。

野村:早寝早起き。
実生活は逆なので。朝走りに行って、ジムにも行って、買い物をする、みたいな1日を無駄にしない過ごし方が理想です。

Q. イケメンの条件は?
金子:
まわりをよく見ている。
野村:思いやりがある。

2人の答えはどのくらい合致する? 究極の二択!

パーフェクトだと思うプロポーズをする場所は、ホテルなど特別な場所でor家などいつもの場所で?
金子:
いつもの場所。
野村:特別な場所。

タイムスリップできるなら、過去or未来?
金子:過去。
未来を見ちゃったら面白くないと思うので。

野村:過去。
過去に戻ったらバスケットボールをやり直したいです。


好きになるタイプは、料理上手or掃除上手?
金子:
料理上手!
野村:料理上手!

旅行に行くなら、常夏のリゾートor極寒の地でオーロラ?
金子:
極寒の地でオーロラ!
野村:常夏のリゾート!

焼肉は、焼きたいor焼いてもらいたい?
金子:
焼きたい。
なんかいつも自然に焼いています。

野村:焼きたい。
僕は寮生活してた時の癖ですね。2人で焼肉に行ったら僕が焼きます!


|金子隼也

1999年生まれ、神奈川県出身。『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』などで脚光を集める。放送中のKTV『春になったら』、3月8日公開の映画「マイホームヒーロー」にも出演。


|野村康太

2003年生まれ、東京都出身。メンズノンノ専属モデル。2022年にドラマ「新・信長公記」でデビュー後、ドラマ「silent」など数々の話題作に出演。

|ドラマ『パーフェクトプロポーズ』 

配信:2024年2月2日(金)夜9時 第1話・第2話配信スタート 以降毎週金曜夜9時最新話配信(全6話)※配信日時は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。
出演:金子隼也、野村康太
入江甚儀、木下彩音、高橋璃央、林裕太/田中幸太朗、岩瀬亮/北見敏之 他
原作:鶴亀まよ「パーフェクトプロポーズ」(海王社「GUSH COMICS」刊)
主題歌:「Daydream」OCTPATH(YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.)
監督:宝来忠昭
脚本:宮本武史
制作著作:『パーフェクトプロポーズ』製作委員会

ⓒ鶴亀まよ・海王社/「パーフェクトプロポーズ」製作委員会

衣装

[野村康太]シャツ¥35,200/HEUGN(IDEAS 03-6869-4279) パンツ¥29,700、シューズ¥55,000/ともにLAD MUSICIAN(LAD MUSICIAN HARAJUKU 03-3470-6760) その他/すべてスタイリスト私物

Photo_TEPPEI SHIOTANI Styling_[Shunya Kaneko]JUNSHI,[Kota Nomura]Takumi Noshiro Hair&Make-Up_[Shunya Kaneko]Mariko Sasaki,[Kota Nomura]Ayaka Sugai〈NICOLASHKA〉 Edit&Text_Kanako Kurokawa〈Gina〉