せっかく恋のチャンスがあっても、ちょっとしたことで男性にがっかりされてしまうことがあります。では、女性のどういったところに男性はがっかりしてしまうのでしょうか。そこで今回は、「男性が『いい線いってるのに、何か惜しい!』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

【1】話しやすい相手だけど、言葉遣いが悪い。

「だんだん男友達と話しているような気分になる。」(10代男性)など、言葉遣いが悪いと、恋愛の対象として見られなくなる恐れがあるようです。心当たりのある人は、まずは「お前」といった男性っぽい言葉遣いを控えるようにしましょう。


【2】話していると楽しいが、すぐ下ネタになる。

「自分も好きなんだけど、相手がやりすぎると引いてしまうこともある。」(20代男性)といったように、下ネタで一緒に盛り上がっておきながら、急に引いてしまう男性は少なくないようです。自分からは下ネタを言い出さないなど、注意が必要でしょう。


【3】論理的に話せるものの、すぐ人の話につっかかる。

「言いたいことはわかるが、なんでも否定から入るように話す人にはがっかりした。」(20代男性)など、すぐ反論する女性は男性からの印象があまり良くないようです。少なくとも「あなたの言うこともわかる」と言うなど、相手を認めることも必要でしょう。


【4】笑顔が明るいのに、暗くてネガティブな話ばかりする。

「かわいい子なのに、話が暗すぎると残念に思う。」(20代男性)といったように、自己嫌悪の強すぎる女性を見ていると、男性はつらくなってしまうようです。相手の話を聞いて笑っている時間を増やすなど、場の空気を意識することも必要でしょう。


【5】きちんとした身なりだけど、おかしな箸の持ち方をする。

「箸の持ち方がヘンな子にはがっかり。」(10代男性)といったように、マナーを気にする男性も多いようです。食事や敬語など、基本的なマナーについては押さえておきたいところです。


【6】女の子らしいイメージなのに、持ち物を放り投げるなど、日常の所作が粗い。

「かわいい子が、ドサッとかばんを放り投げたときはびっくりした。」(20代男性)など、男性は女性のちょっとした所作も見ているようです。他にも室内をドスドス音をたてて歩くなど、雑な印象を与える動作には気をつけましょう。


【7】かわいい顔をしているのに、髪の毛がボサボサなど、見た目に対するこだわりが弱い。

「寝癖がついたままの子に『惜しい!』と思った。」(20代男性)といったように、少しは見た目を気にしてほしいと思う男性は多いようです。最低限のヘアスタイリングやメイクなどは心がけたほうがいいでしょう。


【8】話してみると親しみやすいが、メイクや服装の主張が強すぎる。

「いい子なだけに、やりすぎメイクが残念だった。」(20代男性)など、主張の強すぎるビジュアルに引いてしまう男性も多いようです。気になる人は一度自分なりに控えめな見た目にしてみて、周囲の反応をうかがってみましょう。


【9】大人っぽい雰囲気なのに、世間で話題になっているニュースについてまるで知らない。

「クールビューティなイメージの女性に世間話としてニュースの話をしたら、ポカンとされてびっくり。」(30代男性)といったように、ニュースを知らない人とは会話が成り立たないと考える男性も多いようです。興味がなくても最低限の世間の話題は押さえておきましょう。


他にも男性に「惜しい!」と思われてしまうような言動があればぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)