「上目遣い」は男性を翻弄する必殺技のひとつとしてよく知られていますが、安易に用いるとかえって逆効果をもたらす場合もあるようです。では、いったいどのような「上目遣い」がNGとされているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『うわ…嫌な女!』とあざとさを男性に見抜かれる上目遣い」をご紹介します。

【1】遅刻など、バツが悪いときの上目遣い

「この手で今まで乗り切ってきたんだろうなと、かえってムカつく」(20代男性)というように、ミスをとりつくろうための上目遣いであざといと思われるパターンです。いっそわざとらしく「ごめんなさあーい」としなを作れば、笑いに昇華できるかもしれません。


【2】プレゼントや支払いなど、おねだりするときの上目遣い

「無言でやられるとものすごい圧力を感じる」(20代男性)というように、物欲しそうな上目遣いであざといと思われるパターンです。プレゼントが欲しいならモノを見て眼をキラキラさせたり、ご馳走してほしいなら「本当においしかったー」などと喜んでいる様子を見せたほうが効果的かもしれません。


【3】自分に非があって、とりあえず許してほしいときの上目遣い

「ごまかしてるのがバレバレ!」(10代男性)というように、非難をかわすための上目遣いであざといと思われるパターンです。小手先のテクを使うより、「許してもらえるなんて思ってないけど、ごめんなさい!」などと素直に謝ったほうが印象がいいのではないでしょうか。


【4】言い分が通らず、ダダをこねるときの上目遣い

「最後は女の武器を持ち出すのかと信用ならない」(20代男性)というように、ゴキゲンななめの気分をにおわすための上目遣いであざといと思われるパターンです。まだ嘘泣きするくらいのほうが、かわいげがあって許されるかもしれません。


【5】男に身勝手なお願い事をするときの上目遣い

「これまでの男には通用したかもしれないけど、もうそんな歳でもないだろうに…」(20代男性)というように、わがままを押し通すための上目遣いであざといと思われるパターンです。なんなら「どうしたらお願いを聞いてくれるの?」と条件を確認してしまったほうが、話は早いでしょう。


【6】自撮り棒でツーショットを撮るときの上目遣い

「いつも同じ顔で怖い!」(10代男性)というように、フォトジェニックな角度で写真を撮るための上目遣いであざといと思われるパターンです。「こうしないと盛れないから!」とギャグを装ったほうが男性ウケはよいでしょう。


【7】実は選択肢が決まっているのに迷っているフリをするときの上目遣い

「誘導されている気がしていい気持ちはしない」(20代男性)というように、優柔不断なフリをするための上目遣いであざといと思われるパターンです。「私はどっちでもいいんだけどー」と言いながら、それとなく自分の希望をほのめかしたほうが、男性にとっては助け舟になりそうです。


【8】大して好きだと思っていないくせに、思わせぶりな態度を取るときの上目遣い

「なんかもてあそばれている気がして不快」(20代男性)というように、気があるフリをするための上目遣いであざといと思われるパターンです。いっそのこと「私のこと好き?」と迫ってしまったほうが、小悪魔的な効果は高そうです。


【9】明らかに嘘やお世辞を言っているときの上目遣い

「とりあえず褒めておけばいいと思ってるあたりが浅はか」(20代男性)というように、単にヨイショするための上目遣いであざといと思われるパターンです。「これ、お世辞ですけどね」と笑顔で宣言したほうが気持ちはよいかもしれません。


いずれにせよ、あざとさを自覚して「いまあえて上目遣いしてます!」と知らしめたほうが男性的にも助かるようです。やりすぎは禁物と心に留めて有効活用したいものです。(熊山准)