意中の男性以外には関心を持てず、ついついぞんざいな扱いをしてしまう人は少なくないでしょう。とはいえ、無意識のうちに誰かにダメージを与えているとしたら、少しは態度を改めたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『異性として見られてない!?』と男性を傷つける雑な接し方」をご紹介します。

【1】目の前で平気で化粧をする

「口を開けてマスカラを塗り始めたときは、『そう来たか!』とガックリきました」(10代男性)というように、男性にうっかり身づくろいの場面を見せると、「緊張感を抱く存在ではない」と思っていることが伝わってしまうようです。そもそも、人前でのメイクは控えるのが一般的なマナーでしょう。


【2】食事が終わったらあっさり帰る

「『俺ってひょっとしたら金づる!?』と悲しくなる」(20代男性)など、「用が済んだら退散」と言わんばかりの態度で、お財布を当てにしていることが露骨に伝わってしまうパターンです。食事代を払ってもらったのであれば、お返しにカフェでお茶をご馳走するなどの気遣いをしたいものです。


【3】仕事や友達の愚痴を延々と吐き出す

「平気で毒を吐くのは僕からどう思われてもいいと思っている証拠!」(20代男性)というように、ネガティブな話題を平気でダダ漏れにすることにも男性は敏感です。悩みを聞いてほしければ、「相談に乗ってくれる?」と前置きして、頼りにしていることをアピールしましょう。


【4】好きな男性の話を一方的に聞かせる

「自分にまったく興味がないのは仕方がないにしても、じゃあ俺って何なの?とむなしくなる」(10代男性)など、男性を相手に「好きな男の話」をしまくるのも失礼に当たるでしょう。一通り聞いてもらったあとは、「好きな人いないの?」などと話を振る心づかいが欲しいものです。


【5】「生理中だから体調がイマイチ」といらぬカミングアウトをする

「どんな顔をして聞いたらいいのか迷います…」(20代男性)というように、女性のデリケートなコンディションをあけすけに語ると、男性を困惑させてしまうようです。よほど親しい仲でもない限り「体調が悪くて」とぼかす配慮が必要でしょう。


【6】好みのタイプとしてその人と正反対のキャラを挙げる

「『あんたなんかなんとも思っていないんだからね!』と面と向かって言われている気がする」(10代男性)など、単に異性の好みを話しただけなのに、余計なトラブルを招くパターンです。特に聞かれない限り、好きな男性のタイプについて詳細に語るのは、避けたほうが良さそうです。


【7】ちょっと体が触れただけで猛抗議する

「一緒に食事に行くほど仲が良いのに、偶然太ももに手が当たっただけで『触らないで!』とかグサッとくる」(20代男性)というように、親しいと思っていた相手から思わぬ拒絶をされると、男性はショックを受けるようです。わざとならともかく、はずみであれば大目に見てあげましょう。


【8】レストランの店員に対して横柄な口をきく

「好きな男には良く思われたいはずだから、目の前で嫌な態度は取らないですよね」(20代男性)など、平然と自分の悪いところをさらけ出す行為も、男性を落胆させてしまうようです。一緒にいるのが誰であろうと、人として恥ずかしくない言動を心がけたいものです。


【9】男性の男友達のことをやたらに聞き出そうとする

「俺と話すのは、そいつのことを狙ってるからなんだろうと思うと不快です」(20代男性)というように、不自然に別の男性の話ばかりするのも、相手を疑心暗鬼にさせてしまうようです。目的があるなら、はじめから明かして協力を求めたほうが、お互いのためでしょう。


男性は、女性が思っている以上にナイーブなもの。知らず知らずのうちに身近な男性を傷つけていないかどうか、普段の言動を見直してみると良いかもしれません。(倉田さとみ)